ライフスタイル 肉の量は3種から!コメダ珈琲店のずっしり牛カルビバーガー「コメ牛」

昨年9月からコメダ珈琲店に登場した、牛カルビ肉のバーガー「コメ牛」は、発売開始から4日ほどで完売してしまい話題となりました。「また食べたい!」という声に応えて、7月15日から季節限定で「コメ牛」の販売を全国のコメダ珈琲店で開始します。

3種類の肉の量を選べます。一番大きいサイズの「肉だくだく」はなんと330g!

サイズアップ無料キャンペーンを8月1日まで実施

「コメ牛」は、お肉の量が110gの「並」(680円/710円※価格は店舗により異なります)、220gの「肉だく」(980円/1010円)、330gの「肉だくだく」1280円/1310円)の3種類から選ぶことができます。

こんな世の中だからこそ、お肉を食べて元気になってもらいたいと、7月15日~8月1日まで「パワー倍増計画~コメ牛サイズアップ無料キャンペーン」を実施。「並」の値段で「肉だく」が、「肉だく」の値段で「肉だくだく」が注文できます。テイクアウトも可能です。

どのサイズもずっしりとした重量感があり、食べ応えは十分過ぎるほど!子どもからお年寄りまで食べられるように、牛カルビは食べやすい大きさにカットされています。

この機会に「肉だくだく」に挑戦してみる!?

甘辛のたれで食が進む!SNSではアレンジメニューがバズったことも

「コメ牛」は、甘辛の特製タレをしっかり絡めた牛カルビ肉と、食感の良いキャベツを自社製バンズでサンドしたバーガー。実際に「肉だく」(220g)を食べてみました。

中サイズ「肉だく」でもかぶりつくのは無理でした。フォークをお借りして少しずつ食べ進めます。

牛カルビ肉に絡む特製のタレは、醤油、ごま、ニンニク、マスタード、唐辛子を使い絶妙なバランスで調合しています。牛丼と違って甘味が強く、食べやすくて食が進む味わいに仕上がっていました。こぼれ落ちんばかりのボリュームたっぷりの牛カルビ肉と、シャキシャキのキャベツの組み合わせも絶妙で、辛子マヨネーズがお肉とキャベツを結び付け、とてもいいアクセントになっています。

「肉だくだく」にいたっては、もはやどうやって食べていいのかわからない量ですね(笑)

コメダ珈琲店公式オンラインショップでは、「コメ牛」のお肉だけでの販売も行っており(6月30日で終了)、SNSでは、ごはんやうどんにお肉をのせたり、卵、ネギ、マヨネーズなどをトッピングしたりと、アレンジメニューが数多く登場して話題になりました。また、「肉だくだく」をテイクアウトして、半分を取り分けてご飯にのせて食べるという人も多かったそうです。コメダのフードメニューはコーヒーに合うことを基準にしており、ご飯メニューは扱っていないので、こうしたアレンジメニューはテイクアウトや通販ならではの楽しみ方ですね。

個人的には、バーガーだと食べにくく、やわらかいバンズなのでお肉のたれがバンズにしみこんでふにゃふにゃになってしまうため、トーストした食パンにはさんだ「ホットサンド」スタイルで食べてみたいと思いました。パリッとした食感のトーストと「コメ牛」のお肉は相性がいいこと間違いなし!です。コメダさん、来年のメニューとしていかがですか?

コメダ珈琲店 http://www.komeda.co.jp/

文/阿部純子