ライフスタイル 超便利だけど……ネットスーパーを活用する4割弱の人が「食費が増えた」

コロナ禍で注目を集めたものはたくさんありますが、家にいながら生鮮食料品や日用品がすぐ購入できるネットスーパーもそのひとつです。外出する機会が減らせるのはもちろん、買い物に行く手間を省くことができるし、重いものでも家まで届けてくれます。上手に活用できれば、かなり便利なシステムであることは間違いありません。

ネットスーパーで食費が増えた人と変わらない人はほぼ半々に

では実際にネットスーパーを活用している人は、どんなきっかけで利用をはじめたのでしょうか?株式会社PLAN-Bがネットスーパーを利用したことがある人を対象に実施したアンケートによると、以下の結果となりました。

たくさん購入すると重くなる水やお酒、お茶などの飲料水は賞味期限も長いので、通販やネットスーパーが向いていると思います。

複数回答総数1044のうち一番多かったのは「重いものを運ぶのが大変」(285人)。それに続くのは「コロナの影響」(269人)、僅差で続くのは「買い物がめんどうくさい」(254人)となっており、これらが3大理由といえそうです。

その一方で活用する理由の中に「お得」「安い」という理由はありませんでした。ネットスーパーは配送料がかかりますが、多くのスーパーでは設定された設定された金額以上購入すると、だいたい送料は無料になります。ネットスーパーを活用すると、食費代にどのような影響が出るのでしょうか?そこで同調査では「ネットスーパーを使ったら食費は増える?減る?」と質問。結果は次の通りとなりました。

気にしてない・わからない」人は10%。ほか9割はしっかり日々の食費を把握していることが分かります。

一番多いのは「増えた」で38%。ほぼ同じ割合で「変わらない」が37%となっていますが、ネットスーパーを利用すると4割の人の食費が増えていることが判明しました。

1 2