ライフスタイル 三ツ星はオリオン座だけじゃない!夏の星座の三ツ星はどこにある? 

まだまだ続く雨。うっとーしーですねーってゲンナリした気分を吹き飛ばす夜空の星たちを紹介しましょう。

スター1★金星と火星がキラキラと接近中

説明: ENAHD:Users:ENA 1:Desktop:星空セラピ画像:2021年7月中旬:7月14日金星火星.jpg
7月12日〜14日の金星と火星の位置。(画像:国立天文台)

7月に入ってから金星と火星は接近を続けていましたが、7月12日から14日にかけて、いよいよ大接近します。しかも12日は、細〜い月もご一緒します。日の入り直後の、19時半ぐらいが見頃です。月、火星、金星と豪華3点セットをお楽しみください。

この時期の金星の光度はマイナス3.9度と、夕暮れの薄暮の中でもキラキラと光ってみえるでしょう。一方、火星の光度は1.8度とそれほど明るくありません。それがとても近くにあるので、金星の明るさに火星が飲み込まれているかもしれません。今回の大接近は、ビーナスの完全勝利というところでしょうか。

ところで、金星は地球の内側を回る惑星です。一方、火星は地球の外側を回る惑星ですね。それが同じ方向に見えるのは、視野を惑星軌道まで広げると、下の図のようになっているからです。

説明: ENAHD:Users:ENA 1:Desktop:星空セラピ画像:2021年7月中旬:7月14日金星火星地球.jpg
7月13日の地球と金星、火星の位置。(画像:国立天文台)

地球から見て西の方角に金星と火星がいるのです。もともと地球からの距離は金星の方が近いうえ、火星は金星の向こう側ですから、暗く見えても仕方ないですね。

1 2