ライフスタイル 落ち着いたら…一人旅におすすめの旅先!離島にグルメに観光に、様々な楽しみ方ができる「香川県高松市」

こんにちは。カメラマンの南谷有美です。今まで一人旅をする上で必要ことをお話してきましたが、こちらのシリーズでは初めての一人旅におすすめしたい行き先を、私の経験をもとにご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介するのは、香川県高松市です。思わず写真を撮りたくなってしまうようなおしゃれな場所が多いのです。行ってみたいなと思ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。そんな高松市の魅力について、探っていきましょう。

交通アクセスが良く、回りやすい街

香川県の中心部に位置する、高松市。各都市からのアクセスが良いことが、魅力の一つです。東京からは、新幹線または飛行機で一本。京都・大阪・名古屋からは、新幹線や高速バスを使って訪れることができます。

高松市内の交通便も充実しており、JR四国や高松琴平鉄道、ことでんグループが運営するバスなどを使って移動することができます。ちなみに、観光やお買い物には、ことでんグループが運営する、ショッピング・レインボー巡回バスの利用がおすすめです!

慣れない道を慣れない車で移動するレンタカーは、一人旅初心者にとってはハードルが高いもの。(値段も一人だと高くついてしまいますよね…)バスや電車など公共交通機関を上手に活用することで、主要な観光名所やショッピングモールを訪れることができます。車がなくてもフットワーク軽く動けるということが、旅先におすすめする理由のひとつです。

その他、サンポート高松、高松城跡、北浜アリーなどの観光地へは、高松駅から歩いて行くこともできます。道中にも写真映えするスポットがいくつかありますので、時間に余裕がある方は是非散策を楽しんでみてください。(ちなみに、北浜アリーは夕景や夜景も美しいです!)

そして、高松港からは離島へのフェリーも出ています。街の中でも、様々な楽しみ方をすることができます。

フェリーに乗って、離島へ出発!

観光名所が充実。船に乗って離島にも行ける

高松市には、様々な観光名所が存在します。実際に私が訪れた場所の一部を、ご紹介します。まずは、離島。一人旅で離島はハードルが高いという方もいるかもしれませんが、一人旅の行き先として適していると私は思います。

その理由は、自分のペースでゆっくりと散策できるからです。離島には様々な魅力があり、人によって心が動く場面も異なります。私自身も他の人と訪れた時、「まだ見たいのに、もう行っちゃうの?」と思う場面が多々ありました。島についてしまえば、乗船者はそれぞれの行き先を目指して歩いていきます。他者を気にすることなく散策ができるという点も、おすすめするポイントです。

アート作品、20世紀の回想

数ある離島の中から、高松港からフェリーに乗って約20分で訪れることができる、女木島(めぎじま)をご紹介します。3年に一度、瀬戸内海の島を舞台に開催されている瀬戸内国際芸術祭。その名残が今も残されており、島の至るところにアートが存在します。

女木島には、かつて鬼が住んでいたという伝説も…。島の中央部にある鷲ヶ峰には、洞窟もありました。桃太郎伝説としても知られており、鬼ヶ島大洞窟とも呼ばれています。紀元前100年頃に、人の手によって作られたのだそうです。(諸説あります)洞窟内には、2013年の瀬戸内国際芸術祭のアート作品の一つ、香川県の中学生が制作した鬼瓦が展示されています。ちょっとメルヘンな鬼瓦から、本格的な鬼瓦まで…。個性豊かな作品も必見です。

自然豊かな栗林公園

国の特別名勝に指定された日本庭園、栗林公園も素晴らしいです。豊かな自然の中で、散策を楽しむことができます。写真を撮ったり、絵を描いたりしている人も多数。桜や紅葉など、季節ごとで違った姿が見られることも魅力です。

高松グルメがおいしい

観光だけではありません。食事がおいしいということも、高松市の魅力の一つです。私が訪れて大好きになったお気に入りの場所をいくつかご紹介します。

地元民おすすめの釜バターうどん

香川県と言えば、まず絶対食べたいのはうどん。「手打十段 うどんバカ一代」を訪れました。おすすめは、釜バターうどん。カルボナーラを彷彿させるような味でした。とても美味しかったです。カウンター席もあるので、一人でも安心です。(実際、一人で訪れている方も多くいらっしゃいました!)行列ができる人気店なので、食べ終わったらすぐに帰るという流れとなっています。食べるという目的で訪れている方が多いので、皆さん基本的に食べることに集中しています笑。 他者を気にせず、食事を楽しむことができます。

ボリューム満点の骨付鳥

次に、香川県民のソウルフードの一つとされている、骨付鳥。多くの人で賑わう「一鶴」を訪れました。こちらも一人で利用している方も多く、安心して入れる店です。私は、骨付鳥 ひなどり、むすび(スープ付)を注文。癖になるスパイシーな味が魅力でした。

その他、高松市にはおしゃれなカフェなどもあり、女性一人でも入りやすい店が多いということも特徴です。食が充実すると、旅の楽しさをより感じることができます。お気に入りの高松グルメを探してみてくださいね。

一人旅に出掛けてみよう

今回は、香川県高松市を紹介しました。観光に、食に、アートに、様々な楽しみ方ができる、魅力のある街です。今回の記事では触れていませんが、直島や小豆島といった離島にも足を運びました。一人時間を十分に楽しめる旅先だと思います。是非今後の一人旅の候補に加えてみてください。

写真・文/南谷有美
フリーランス カメラマン。名古屋を拠点に仕事をしていたが、2018年から各地を巡る旅人に。訪れた地域やワーケーションに関する情報などを、発信している。