ライフスタイル コロナ禍で使い勝手重視が加速!?ビジネスバッグの平均購入価格は1万1000円!

通勤時に欠かせないビジネスバッグ。毎日のように使うものなので、ファッション性だけではなく機能性も重要となってきます。さらにテレワークが普及したことでノートパソコンを持ち歩く人も急増していますが、そんな生活の変化はビジネスバッグにどんな影響をもたらしているのでしょうか?

在宅勤務の影響?コロナ禍でバッグパック愛用者が急増中!

株式会社イデアインターナショナルではビジネスパーソンを対象に「バッグに関する調査」を実施。こちらによると、オフィス勤務の人と自宅勤務の人それぞれで愛用しているビジネスバッグのタイプは以下の通りとなりました。

全体的に人気なのは「トートバッグ」。「たくさん物が入る」「出し入れしやすい」といった点が支持されています。

オフィス勤務の人は「トートバッグ」が一番人気で、それに続くのは「ショルダーバッグ」、「バックパック」となっています。一方在宅勤務で人気が高いのは「バッグパック」。オフィス勤務の人と比較すると10.6%も多くなっているのです。

なぜ自宅勤務がメインの人はバッグパック派が多いのでしょうか?今回バッグパックを愛用している理由について「大容量なので PC も入るし他の荷物も入るから」(東京都・29 歳女性)との意見がありましたが、現在自宅勤務になった人の多くは、会社に所属している人なのではないかと思います。となるとビジネスバッグには、パソコンをはじめ仕事に必要な資料や書類などを会社から持ち出す必要があり、必然的に大きなバッグを持つ必要性が出てくるのではないでしょうか?しかもショルダーによって両肩に荷物の負荷が分散されるため、重い荷物でも体への負担が少ないことも理由ではないかと想像します。

1 2