ライフスタイル パワーアップした「渋谷 東急フードショー」スイーツゾーンの注目ショップ10選

ATELIER FUJITA (アトリエフジタ)

代々木上原のフランス料理店「レストランアトリエフジタ」のオーナーシェフ藤田善平さんが監修した、和菓子とフレンチの融合がテーマの和菓子店。さまざまな色合いの、小ぶりで可愛らしい「おはぎ」は、レストランのコースメニューのデザートとして大人気で、商業施設初出店となる渋谷店でも「おはぎ」は看板メニューです。

「小豆4種」(1178円)は、小豆と塩の華、小豆とカレンツ、小豆ときな粉、小豆とごまのおはぎ4種の限定セット。「白餡4種」(1523円)は、バラとライチ、さつまいもとコーヒー、抹茶とワカメ、生姜とあんずの4種の変わりおはぎの限定セット。

こちらは変わりおはぎの「白餡4種」。アトリエフジタでは、新しい発想で作ったおはぎや大福が楽しめます。

MERCER bis (マーサー ビス)

恵比寿にあるレストラン「マーサーカフェ」で人気の生キャラメルシフォンケーキの専門店。開店前から行列ができる人気店です。米粉と卵白を使っているので軽い口当たりとふわもち食感が特徴で、しっかりした見た目ですが思った以上に軽くて食べやすいと評判です。

看板メニューの「生キャラメルシフォンケーキ」。2~4人分のスタンダードサイズ(3200円)のほか、1人用サイズ(850円)も。

シフォンケーキは1人用のホールケーキも新登場。生キャラメルのほか、ニューヨークチーズ(850円)、キャラメルチョコレート(900円)、ストロベリー(1000円)の全4種のラインナップ。シフォンケーキとフィナンシェのハイブリッドスイーツで、シフォンケーキがそのまま小さくなったような「シフォンシェ」(450円)も。

手前から「シフォンシェ」、「ニューヨークチーズ スティックギフト」(1800円)、1人用「シフォンケーキ」。

AnniBAUM (アニバウム)

「アトリエ アニバーサリー」が手掛けるバウムクーヘン専門店。ギフトのイメージが強いバウムクーヘンを、街のパン屋さんのようにもっと多くの人に気軽に食べてもらいたいという想いから、毎日焼きたてを届ける「焼きたてバウム」や、濃厚なカスタードを使った焼き立てのクレームブリュレ、季節のフルーツを使ったケーキバウムなど、新しいスタイルのバウムクーヘンが揃います。

渋谷 東急フードショー限定商品「窯出しチーズバウム」(1個・411円)。デンマーク産クリームチーズをぜいたくに使い、ベストな焼き加減で仕上げています。表面にある焦げ目はおいしさの証ですね。

Lait ribot (レリボ)

日本橋兜町「ease」シェフパティシエの大山恵介さんが構想から開発までをプロデュースした、発酵×熟成バターの1号店。熟成バターを使った「熟成バターサンド」(1個・501円)や、発酵バターを1ヶ月熟成させたエイジドバターを使用したバターリッチな焼き菓子など、今後の展開が楽しみなショップです。

「ガトーブルトン」(6個入・1685円)。しっかり焼いた厚めのクッキー生地は、外はサクサク、中はほろっとした食感。香ばしいバターの香りが口いっぱいに広がります。

ATELIER MELLOWHICH (アトリエ メロウウィッチ)

厳選したナッツやフルーツを使用し、手焼きにこだわったしっとり生感のパウンドケーキ専門店です。イラストやメッセージが描かれたパッケージでフレーバーを12種類から組み合わせることができ、ギフトにもおすすめです。

「パウンドケーキ4個入り」(1296円)。まるで生菓子のようなしっとりとした食感のパウンドケーキです。

渋谷 東急フードショー:https://www.tokyu-dept.co.jp/shibuya_foodshow/

文/阿部純子

1 2