ライフスタイル 素顔はどっちが近い!?「おかえりモネ」「全裸監督 シーズン2」で活躍中の女優・恒松祐里から目が離せない!

恒松祐里さんってどんな女優か知ってる?と聞かれたらあなたはどう答えますか?「キラキラした清純派の高校生を演じている子だよね」、それとも「セクシーなラブシーンを体当たりで演じるスゴイ女優さんでしょ」……。はい、どちらも正解です。

現在放送中のNHKの連続テレビ小説『おかえりモネ』では、主人公の幼なじみの女子高生を、Netflixオリジナルシリーズの『全裸監督 シーズン2』では激しい演技が要求されるヒロイン役を。まったく異なる役を演じたドラマが同時期にオンエアされている、恒松祐里さん。両方観た人は「えっ同じ人!?」とビックリしたのではないでしょうか。まるで同じ女性とは思えないほどの演技力で、今俄然注目を集めている女優さんなのです。

7月5日にそんな彼女のファースト写真集が発売されたということで、今回、恒松さんにインタビューさせていただくことができました!素顔はどんな女性?と興味津々のSuits woman編集部、早速質問攻めにさせていただきました。

猫ちゃんとゲームをこよなく愛す今どき女子だった!

恒松祐里(つねまつゆり)/女優。1998年10月9日生まれ、東京都出身。2005年にドラマ「瑠璃の島」で子役としてデビュー。その後、2009年「キラー・ヴァージンロード」で映画デビュー。以降数々のドラマや映画で活躍中。趣味は羊毛フェルト!

――透明感があってとてもキレイなお肌ですが、日々のスキンケアでこだわっていることを教えてください。

「特に何もしてないです。寝る前に保湿のクリームを塗るくらいなんです(笑)。愛用コスメは無印良品のスキンケアグッズです」

――『全裸監督 シーズン2』ではラブシーンのある役でしたが、いつも以上に気をつけたボディケアは? 

「いつもは全然しない腹筋などを、撮影前の自粛期間中にしていました」

――気分が落ち込んだ時の回復法は?

「飼い猫のチャーリーと一緒に寝る!好きなものを食べる!海外ドラマを見る!」

――いまハマっていることはありますか?

「ゲームが好きで、最近はあつ森とゼルダの伝説をやっています。携帯ゲームだとマリオカートは時間がある時によくしています」

――好きになった男性がもしゲーム嫌いだったらどうします?

「私はみんなでゲームをするより、一人で極める人なので大丈夫だと思います!空いている時間にすると思います。でももし、ゲームが嫌いすぎてやっているのを見るのも嫌だと言われたら……考えます!(笑)」

――恒松さんが思う「イイ女」ってどんな女性のことだと思いますか?

「自分の好きなものと一緒に暮らしている人。お気に入りの服を着て、好きなものを食べて、好きな人達と一緒にいれば自然と笑顔になれるし、それだけ幸せなオーラを纏えるので“イイ女”に見えるのかなと思います!」

お話を聞いていると、なんだかとっても等身大の女性、というイメージの恒松さん。ゲームが好きで、猫ちゃんが好きで……、親近感が湧いてきました(笑)。

ファースト写真集は第二の故郷・長崎の五島列島などで撮影

過去に10年ほどオーディションに落ちまくっていたこともあったという恒松さん。うまくいかなかった時でも諦めずに続けられたモチベーションはどこにあったのでしょうか?

「演技をやりたいという気持ちが強くあったからだと思います。どんな時もこの役やりたいなとか、このセリフを言いたいなとか。そんな気持ちが必ずあったから、それを実現させようと続けられたのだと思います。でもお芝居に出会ったのが、子供の頃だったというのも大きいと思います。もし大人になってから出会って始めたら、経済的なこともありますし、10年以上も頑張れなかったかもしれないです…。なので子供の頃にこの世界に入れてくれた両親に感謝です!」

そんなときがあったとは思えないほどブレイク中の恒松さん。今度は初めての写真集にも挑戦することができました。ここからは写真集について聞いていきたいと思います。

「とにかく嬉しかった」写真集『月刊 恒松祐里 優』(小学館)を手にニコッ!

――写真集で絶対にやりたかったことは?その夢は叶いましたか?

「五島列島で撮影できたらいいなと思っていたので、それが叶って嬉しかったです」

(実は、長崎県五島列島の福江島は、恒松さんが映画「くちびるに歌を」で、約1か月間過ごし、第2の故郷と呼んでいる場所なのです)。

五島の美しい海と白いドレスがステキ……

――撮影場所の五島列島の福江島ですが、まだ行ったことのない方にお勧めするなら、どんな所をお勧めしますか? 

「五島は海がとても綺麗なので海辺には絶対に行って貰いたいです。今回の撮影でも訪れた高崎浜がおすすめです!でももしかしたら、映画『くちびるに歌を』の撮影と、今回の写真集でもお世話になったゲストハウスの「雨通宿」に行って貰えれば、全部行きたいところに連れて行ってくれると思います(笑)。海だったり、船に乗せてくれたり。私もいつもお世話になっています!」

――写真集で特にこだわった部分、見て欲しい部分は?

「ページをめくるたびに驚きがあるように、写真の構成にこだわりました!千葉のレトロラブホテルで撮った写真もあるのですが、当時の髪型やメイク、ファッションにこだわって撮影しました。昭和クールな写真が沢山あるので是非見て頂きたいです」

昭和感がありつつも洗練された雰囲気を醸し出してます!

これからさらに、どんな役を演じていくのか楽しみな女優さんであり、素顔はとても等身大で親近感もある方でした。今後のご活躍、応援しています!

様々な表情が詰まってます!

ファースト写真集「月刊 恒松祐里 優」/小学館
2021年7月5日(月)発売
撮影:笠井爾示
仕様・サイズ:A4/96 ページ
価格:¥2,640(税込)
詳細はこちら

撮影/藤岡雅樹