ライフスタイル 初心者でも育てやすい丈夫な観葉植物5選!メルボルン発「The Plant Society Tokyo」セレクト

日本初上陸となるメルボルン発のインドアプランツショップ「The Plant Society Tokyo」が、東京・清澄白河の「TOKYOBIKE TOKYO」2階にオープンしました。

プラントソサエティ海外第1号店の東京。開放的な空間の中に、鮮やかなグリーンが所狭しと並んでいます。

メルボルンの“植物男子”が立ち上げたプラントショップ

建築、デザインのバックグラウンドを持つジェイソンと、ビジネスパートナーのネイソンの二人が、植物のある暮らしの素晴らしさを伝えようと2016 年にメルボルンで設立したプランツクリエーターチームが「The Plant Society」です。

子どものころから植物が大好きだったジェイソン(左)と、ジェイソンの影響で植物に興味を持ち、植物に関する知識がゼロから始めて、植物に囲まれる生活の中で知識と経験を培ったネルソン(右)。

メルボルンとシドニーのスタジオ兼ショップの他、百貨店David Jones内でも展開しています。“植物のある社会”という名前に掲げた設立理念の通り、植物を通じて繋がる人々との温かな関係とコミュニティづくりを目指し、人気ショップや大型商業施設、個人邸のスタイリングから、植物のメンテナンス、ワークショップなど活動の範囲を広げています。2019 年に行った東京でのポップアップショップやワークショップから、「プラント ソサエティ東京」の構想を得て、今年、晴れて東京店をオープンさせました。

日本ではこれまで手に入らなかったメルボルン、シドニー店で人気のオーストラリアのアーティストの鉢やホームウェア、初心者にも使いやすい園芸ツールなどのアイテムも揃います。また、メルボルンやシドニーと同じく東京店でも、個人邸、ショップ、商業施設など、それぞれの環境にあった植物や鉢をセレクトし、スタイリングの提案や、メンテナンスまで行う、スタイリングサービスも提供します。

都市の狭いスペースでも、植物との暮らしを楽しむためのアイテムが充実しています。

初心者でも育てやすい品種を選んで、グリーンのある暮らしを始めよう

「植物のある暮らしのすばらしさを伝えたい」というプラント ソサエティのポリシーから、オーソドックスで、初心者でも育てやすい品種の観葉植物をメインにラインナップしています。ニューヨークの植物生花店の勤務経験者など、知識豊かなスタッフが揃っているので、わからないことがあれば積極的に質問してみてください。

「最初の経験で植物をダメにしてしまうと挫折してしまうことも。失敗しないように、お客様の住環境やライフスタイルなどをお聞きしながら、条件に合った植物をおすすめしています」(女性スタッフ)

ボニー

初心者でも育てやすい品種をお聞きしまた。まずはスタッフさんイチオシのオニヅルランの一種「ボニー」。繁殖力のあるオニヅルランは育てやすい品種として良く知られていますが、アメリカでは「ポニーテール」の愛称で呼ばれているボニーはくるりんと巻いた葉が特徴。葉を切って水を入れた容器に挿しておくと発根してすぐに新しいポニーテールが生まれるとのことで、お部屋のあちらこちらに可愛らしいポニーテールを増やす楽しみ方もできます。

置いても、吊るしても、水挿しにしても楽しめる、「ポニーテール」の愛称で親しまれているボニー。

モンステラ

トロピカルな雰囲気で、個性的な葉が特徴のモンテスラ。日陰でも耐えられるタイプで、お手入れも簡単なので初心者にも人気です。水やりの頻度は育てている環境状態によって異なりますが、土を指で触って、しっかりと乾いている時だけ水をたっぷり与えるのが基本です。

過剰に水をあげ過ぎると枯れる原因にもなるので、土の乾燥具合を確かめるのが重要なポイントです。

スキンダプサス/カシワバゴムノキ

スキンダプサスも日陰でも強く、こまめに水やりをしなくても元気に育つ品種です。カビや根腐れを起こしやすい小さい葉の植物は管理に気を遣いますが、スキンダプサスのような、葉が厚い品種は比較的育てやすいとのことです。同じくカシワバゴムノキも大きくしっかりとした肉厚の葉が特徴で、明るいところでも日陰でも育ちます。

色の薄いグリーンの斑模様が特徴の「スキンダプサス」(左)と、このままお皿としても使えそうなしっかりとした葉の「カシワバゴムノキ」(右)。

ペペロミア

ペペロミアはたくさんの種類がある植物です。光沢があり力強い緑の葉が特徴の「ペペロミア・オブツシフォリア」は、どんな環境にも強いのでこちらも育てやすい品種です。「ペペロミア・アルギレイア」は、薄い色と濃い色の縞模様が特徴で、見た目がスイカに似ていることから、「スイカペペ」という別名もあります。

光を好む品種は伸びてくることで樹形が乱れてくるものがありますが、ペペロニアはしっかりとしていて樹形が乱れにくいので、ずっと同じスタイルで楽しめるというメリットもあります。

店内にはさまざまな種類のペペロミアを揃えています。葉の形や大きさもいろいろあって、複数のペペロミアを育ててみるのも面白いかもしれません。

「The Plant Society」:https://www.theplantsociety.jp/

文/阿部純子