ライフスタイル あの「支那そばや」が東京駅で期間限定出店!“佐野実イズム”を堪能【麺喰い女子】

麺喰い女子の皆さん、ラーメンを食べていますか?夏休みシーズンは、旅行ついでにその土地ならではのご当地ラーメンを日本各地で味わう……、コロナ以前はこれが麺喰いの“レジャーあるある”でした。しかし2021年夏は新型コロナウイルスの第5波真っ只中。旅行や遠出は難しく、全国のご当地ラーメンを食べることは難しくなっています。

そんな現状の中、東京駅八重洲口地下の「東京駅一番街」に位置する「東京ラーメンストリート」では、日本各地の名店が期間限定で出店する「ご当地ラーメンチャレンジ by 東京ラーメンストリート」をスタートさせたのです。

神奈川の名店「支那そばや」が東京へ進出!

もともと東京ラーメンストリートは「東京で真っ先に食べたいお店」というコンセプトのもと、東京を中心とする名店が集まるエリアとして親しまれてきました。しかしコロナ禍で遠出ができず、全国の有名店に足を運ぶことができない。だからこそ「遠出をせずとも全国の名だたる名店の味を気軽に味わっていただきたい」という、まったく違ったコンセプトを打ち出したのです。

ご当地ラーメンチャレンジは第1弾から7弾まで実施。2021年7月15日より1店舗ずつ約100日間出店し、リレー形式で2023年8月31日つないでいきます。そして出店第1弾となるスタートを飾るのは、神奈川の名店「支那そばや」です!

お店の入り口には故・佐野実さんのお写真

支那そばやといえば麺喰いにとっては、日本のラーメン史を語るうえでは外すことができない超名店。そしてアラフォー世代の堅実女子にとっては、人気バラエティ番組『ガチンコ!』に出演していた、佐野実さんのお店としてもおなじみでしょうか?佐野さんは2014年にお亡くなりになりましたが、現在でも横浜市戸塚区にお店を構え、今年で創業35周年を迎えます。

『支那そばや』の「醤油らぁ麺(平牧三元豚バラ」1000円(写真提供:支那そばや)

佐野さんが生前貫いたのは、美味しいラーメンをつくるための妥協なき情熱。食材はもちろん、水や器などラーメンを形成するすべてのものに徹底的にこだわり、自ら全国各地を歩き探す。そこで出会った職人や生産者たちと研究に研究を重ねて作り上げる佐野さんのラーメンはもちろん、その姿勢に影響をうけたラーメン職人は数知れません。

1 2