ライフスタイル 猛暑に備えを!外でも冷風が送れるパーソナルクーラー「ここひえ」ってどう?

次々と各地で梅雨明け宣言が出され、ようやく長雨ともお別れ! ほっとするのも束の間、今年は、いや今年も、猛暑が予想されています。

エアコンはもちろん、モバイル扇風機など、暑さ対策は万全にとりたいところですが、今回の推しレビューは、ショップジャパンを展開するオークローンマーケティングが発売しているパーソナルクーラー「ここひえ」。

「ここひえ」 最新モデル

2019年より発売し、国内累計販売数90万台を突破しているという「ここひえ」の、2021年版最新モデルについてご紹介していきます。

パーソナルクーラー「ここひえ」ってどういうもの?

「ここひえ」は一般的にいうところの「冷風扇」。水で潤したフィルターに風を通すことで、気化熱現象によって冷たい風を放出する仕組み。

このタンクに水を入れて使用

クーラーほど低温ではありませんが、扇風機よりは涼しく、ちょうど中間のような涼しさです。

実際につけてみると、意外に風量もあるんです

約18cm四方ほどのコンパクトな「ここひえ」。 見た目の小ささに対して、意外と風量がしっかりあるのに驚きです。

正方形の形がなんともキュート。

ユーザーの要望で新しく搭載されたのが「首振り機能」。パーソナルクーラーとはいえ、自分だけ涼しいのは気まずいもの。みんなに風を送ってくれるのはうれしいですね。

首振りスイッチや強弱ボタン、タイマーなどわかりやすい。

さらに風量は4段階で調節可能なうえ、羽の向きを上段下段で変えられるので、より的確に風を送りたい方向にコントロール可能に。

手動で羽の向きを上下変えられる

一番の驚き、モバイルバッテリーでも稼働可能!

本体が約1.15kgと、サイズに加えて重量も軽くて持ち運びやすいのも魅力。常に移動に合わせて手元に置いておきたくなりますね。

本体とつながっているケーブルはUSB仕様。そこにコンセントとつなぐアダプターがセットになっている

さらにUSB接続でモバイルバッテリーでの稼働も可能! 近くにコンセントがなくても使えますし、おすすめはアウトドアでの使用。

手持ちのモバイルバッテリーがここで使えるとは!

ピクニックやキャンプでのテント中など、無風のときは風が欲しくなるもの。

持ち運びラクラク!

「ここひえ」なら手軽に持ち運べるうえに、モバイルバッテリーでも動くので、車移動ではないときでも大活躍するはず!

取り外し簡単でお手入れしやすい

「ここひえ」オリジナルの防カビ抗菌フィルターは、従来製品と比べてカビや菌の増殖を抑制。さらに背面にはホコリとりフィルターも付属し、どちらも簡単に取り外せるので、お手入れがしやすいのも魅力です。

簡単に取り外せるフィルター
ホコリとりフィルターもすぐ外せる

コンパクトさはそのまま、使いやすさがグンとアップした「ここひえ」。

扇風機しかない作業場や店頭、筆者の部屋のようにエアコンのある場所からダイニングまでが遠く、なかなか涼しくならない細長い部屋にお住まいの方にも、おすすめしたいアイテムです! 「扇風機より涼しい風を間近で感じられる」ことのありがたみを、室内でも室外でも堪能してみてくださいね。

家じゅうどこもエアコンの風が行き届いていて、冷房代は気にしない!といううらやましい方、外で過ごすのは好きではない方には、不向きなアイテムでございます!

商品名:ここひえ
公式サイト通常価格:8980円(税込)
セット内容:本体(USBケーブル付)×1、ここひえ専用USB電源アダプター×1、防カビ抗菌フィルター×1、取り扱い説明書×1
サイズ:約幅176×高さ189×奥行き173mm
重量:約1.15g(防カビ抗菌フィルター含む本体)
https://www.shopjapan.co.jp/products/CCH0-00000/

取材・文/nenko

【一人暮らしを楽しくするシリーズ】
・生物好きにはたまらない!『ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO』体験レポ
・おいしさは想像以上♪サッと溶ける「フルーツチャージティー」を絶賛おすすめ中
・2021年おすすめモバイルクーラー3選!実機で試しました