ライフスタイル おうちでつくれるお店の味!極上フルーツパフェと天然水アイスコーヒーのペアリングレシピ

おうち時間で料理を楽しむ人が増えましたが、スイーツはどうでしょう。なんだか難しそう、と二の足を踏んでしまいそうですが、アイスコーヒーとフルーツにひと手間かけて、まるでお店のような味が楽しめるのなら、試してみたいですよね。「フレシャス スラット+カフェ」で楽しむ『夏のおうちパーラー』体験会が開催され、フルーツとコーヒーの相性のよさに驚くレシピを教えていただきました。

おうちでアイスコーヒーをおいしく淹れるポイントとは

夏のおうちパーラーのメニューは、シャインマスカットパフェとマンデリン&ブラジルのアイスコーヒー。

「フレシャス スラット+カフェ」と「フタバフルーツ」のコラボで開催された『夏のおうちパーラー体験会』は、おうち時間が増えた今、まるでパーラーに行ったような気分になれ、おうちならではの楽しみ方がプラスできるアイデア満載でした。

このフレシャス スラット+カフェとは、富士山の標高約1000m地点で深さ273mの井戸から採水された、硬度24度の軟水でまろやかな口当たりが特徴の天然水のウォーターサーバーに、コーヒーメーカーが内蔵された2in1モデルのこと。

カフェ機能は、UCCドリップポッドを採用し、プロの技でコーヒーが淹れられ、ウォーターサーバーを新規に導入する人の4割が、このカフェ機能が付いたものを選んでいる人気モデルです。

ハンドドリップの約3分に1の時間でコーヒーが淹れられるとあって、時短にもなりますし、忙しい朝には特にうれしい機能ですね。ホットもアイスもボタンひとつでOKというのも便利です。イベントでは、この フレシャス スラット+カフェ を使って、おうちでおいしいアイスコーヒーを淹れるコツを教えていただきました。

UCCコーヒーアカデミー専任講師の村田果穂さんが、クリアでおいしいアイスコーヒーの淹れ方のポイントを教えてくれました。

「急冷が大切です。グラスに氷を入れておいて、氷にダイレクトに当てるようにコーヒーをドリップしてください。」と、UCC コーヒーアカデミー専任講師の村田果穂さん。

ホットコーヒーを淹れてからグラスに氷を入れるのではなく、氷を入れたグラスに直接コーヒーを淹れることで、香りもしっかり出るそうです。また、コーヒーのおいしさを引き出すには、軟水で淹れるのがおすすめだそう。お水の硬度を意識すると、同じコーヒーでもよりおいしくなるのですね。

ちなみに、今回は、パフェとのペアリングを考え、UCCドリップポッドのマンデリン&ブラジルのアイスコーヒーを淹れていただきました。このあとは、フルーツたっぷりのパフェの登場です。

1 2