ライフスタイル 味噌がイイ仕事してる「カレー鍋スープ」新登場!名古屋の味を自宅で堪能

名古屋生まれ、名古屋育ちの「若鯱家(わかしゃちや)」は、トロミがありピリ辛なカレーと極太麺が特徴の「名物カレーうどん」が人気のお店。東海3県および関東に40店舗以上を展開しており、「味噌串カツ」や「牛すじどて味噌煮」など、“名古屋の味”を中心としたメニューが楽しめます。

今回はそんな若鯱家の名古屋の味が自宅で楽しめる、ふたつの商品が新登場!豆乳でお馴染みのmarusanとコラボした「若鯱家監修 カレー鍋スープ」、日本初の本格的な即席カレーを発売した株式会社オリエンタルとコラボの「マースカレー若鯱家<和風>」を実食させていただきました!

極太麺が美味しい若鯱家のカレーうどん

スパイスが食欲をそそる!marusan×若鯱家「若鯱家監修 カレー鍋スープ」

「若鯱家監修 カレー鍋スープ」豆乳を入れるのがおすすめとのこと。

愛知県岡崎市に本社がある「marusan」の豆乳でお馴染みのマルサンアイ株式会社。若鯱家とのコラボ商品「若鯱家監修 カレー鍋スープ」は2021年8月23日(月)から全国で販売がスタートします(東海エリア一部スーパーマーケットで先行販売中)。

筆者もいつも冷蔵庫にストックしている「marusan」の豆乳。「marusan」という社名なのかと思っていたのですが、「marusan」はブランド名でマルサンアイが社名なのだそう。豆乳の印象が強かったのですが、味噌などのさまざまな大豆製品を扱っている会社です。

marusan 有機豆乳無調整200ml 実勢価格:約97円(税込)

「若鯱家監修 カレー鍋スープ」はそんなマルサンアイと若鯱家の、愛知の企業同士のコラボ商品になります。若鯱家の名古屋の味を引き継ぎながら、かつおをベースにポークエキスを配合した旨みのある若鯱家のだしに、マルサンアイの味噌でコクをプラスしたとのこと。

こちらの中甘口の米味噌が入っています。

「若鯱家監修 カレー鍋スープ」をいただきます!

「若鯱家監修 カレー鍋スープ」にネギ、水菜、しめじ、豚肉、などの鍋の王道の具材の他、プチトマトやウィンナーなどを煮込んだものをいただきます。

左に添えてあるのはmarusanの無調整豆乳です。お好みで豆乳を加えて食べます。

コクのあるカレー鍋のスープが、何にでも合います。プチトマトの酸味とスパイスが合う!ピリ辛で、食欲をそそる味…。無調整豆乳を入れるとマイルドになります。お子様には豆乳入りがいいかも。豆乳を足すことで辛さを調整できるので、好みの味で美味しくいただけます。

ご飯を入れてリゾット風にも!「豆乳シュレッド」をかけたものです。

ご飯の上にはmarusanの「豆乳シュレッド」をかけるのもおすすめとのこと。鍋のシメにいいですね。豆乳シュレッドはチーズよりもあっさりしていて、でもチーズみたいにトロリと溶けます。コレステロール95%オフなので、ダイエット中でも食べられますね。「若鯱家監修 カレー鍋スープ」は、東海エリアの一部スーパーでは先行販売中、全国では8月23日(月)から、スーパーマーケットなどで販売スタートです!

野菜が盛り沢山のカレー鍋スープ。右側にあるのが「豆乳シュレッド」「豆乳スライス」です。

若鯱家監修 カレー鍋スープ(720g)
実勢価格:約378円(税込)
発売日/販売エリア:
発売中/東海エリア一部スーパー
2021年8月23日(月)/全国
販売店舗:スーパーマーケット、若鯱家オンラインショップ、若鯱家店舗店頭など

1 2