ライフスタイル おうち飲みの新しい選択肢!夏の燗酒と甘酒ソーダ割りが新鮮でおいしい

暑い日に定番のお酒といえば、キリリと冷えたビールがやっぱりおいしい!でも冷たいビールをついガブガブ飲んでしまうと、飲みすぎちゃった……なんてことにもなりかねません。

適量を嗜む大人のお酒の飲み方として新たに注目したいのが、「夏に燗酒」です!暑い日に熱い燗酒をおすすめする理由と燗酒にぴったりのお酒を、鳥取県鳥取市で名物酒店を営む谷本酒店の谷本 暢正さんに、オンラインで教えていただきました。休肝日に飲みたい「甘酒」の新鮮な飲み方も必見です!

なんで夏に燗酒?幻の酒米「強力」の純米酒でちびちびと

利酒師やソムリエの資格を持つ谷本酒店の谷本 暢正さん。

谷本さんによると、冷たいアルコールは体への吸収スピードが遅く、時間が経過してから酔いを感じるので飲みすぎの原因になるそうです。一方体温に近い40℃程度で飲む「ぬる燗」は身体への負担が少なく、アルコールをすぐに吸収してほろ酔いになり、適量で嗜むことができます。そしてクーラーをかけた部屋で燗酒を飲むと毛細血管が広がり身体が適度に温まるので、「夏に燗酒」がおすすめなのです。

谷本さんが取り扱う鳥取県の地酒には、燗酒に合う純米酒が豊富に揃い、今回一押しとして教えてくれたのが太田酒造場の「辨天娘 強力(べんてんむすめ ごうりき、720ml 税込1,518円)」。「強力」とは酒米の名前で、日本酒の酒米として有名な山田錦のルーツとも言われているお米です。

もしかしたら日本酒好きでも初めて聞いたという人もいるかもしれません。鳥取県に古来からある酒造好適米ですが、一度栽培されなくなったので「幻の酒米」と言われるほどの希少な酒米に。しかし約30年前に復活し、今では鳥取県内の各酒蔵で強力を使ったお酒が作られています。

燗酒の作り方はお鍋に湯を沸かして火を止め、日本酒を9分目までとっくりなどに入れて湯せんで温めます。日本酒は膨張するので、自然と10分目までに量が上がってきたら飲みごろ!

もっと手軽に燗酒を作りたいときは、電子レンジでチンでもOK。だいたい1合なら600Wで約2分が目安ですが、レンジによって時間は異なるので、9分目まで入れて、10分目まで量が上がってくるまでじっと見ておくのがベストです。

ただ初心者が燗酒を作ると熱しすぎて、日本酒の風味が失われてしまうのがネック。でも、パワフルで味わいがしっかりした「辨天娘 強力」なら熱くしすぎても大丈夫なんだそうです!とても熱く燗したものを冷ましながら飲む「とびきり燗」でもおいしく飲めます。

ちびちび飲んで適量を楽しめる「辨天娘 強力」の燗酒。

筆者も「辨天娘 強力」を電子レンジでチンして燗酒で味わってみると、純米酒らしいお米の良い香りが広がり、コクがあってとてもおいしい……!口の中で旨味の余韻が心地よく続いていき、少しずつ、丁寧に飲みたくなりました。その名の通り力強さを感じるお酒なので、魚の煮付けやおでんなど味の濃い和食を食べながらちびちびと。いつもより奮発してデパ地下の和惣菜と一緒に楽しみ、幸せな晩酌タイムになりました。

食事にも合う!すっきりおいしい「甘酒×ソーダ」

甘酒のソーダ割りを作る谷本さん。

おうち時間が長くなり、飲酒量が増えてる人も多いはず。そんなお酒好きさんの休肝日にうってつけのドリンクが甘さ控えめの甘酒です。谷本さんがすすめてくれた山根酒造場の米麴甘酒「醗酵の森(800g 1,944円)」は、酒造りの伝統製法「生酛造り」を活用して、乳酸菌取り込んだ甘酒。原料は米・米麹のみですが乳酸発酵させることで爽やかな酸味が生まれ、奥深い味わいが広がります。

甘酒は古くから「飲む点滴」と呼ばれ、夏バテに負けない体力をつけるために飲まれてきました。そしてビタミンなど栄養が豊富に含まれていることから近年美容面でも注目され、女性にも嬉しい飲み物なんです!

ただし甘酒を選ぶ時には原料や作り方に注目を。甘酒の作り方は酒かすに砂糖を加えて作るものもあり、お正月などに飲むのはこちらが一般的。米・米麹のみが原料の甘酒はお米本来の自然な甘さを味わえるのが特徴です。さらに「醗酵の森」のように乳酸発酵させているものはサッパリ夏でも飲みやすく、ビタミンなどに加え乳酸菌をとることもできます。

谷本さんが教えてくれたおいしい甘酒の飲み方が「甘酒のソーダ割り」。ワイングラスに「醗酵の森」を半分入れ、そしてソーダを半分注ぎ、軽く混ぜて完成です。「醗酵の森」はそのままでも十分おいしいのですが、炭酸割りにすることで食事をしながら楽しめるドリンクに。イタリアンなど洋食に合わせたり、同じ発酵食品のチーズに合わせたり、いつもの食卓に新鮮さが加わります。

酸味のある「醗酵の森」は、ソーダ割りもおいしい。

筆者も甘酒のソーダ割りを試してみると、驚くほどすっきり爽やかでおいしい!「甘酒は濃厚なので食事には合わないのでは……」と飲む前はすこし疑っていたのですが、「醗酵の森」が甘さ控えめで酸味があること、そしてソーダで割ることで、食事に合わせてもおいしいことを実感しました。「醗酵の森」は美容に敏感な女性へのプレゼントにもぴったり!

☆☆☆

いつもの食卓に新鮮さを添えてくれる、夏の燗酒と甘酒のソーダ割り。太田酒造場「辨天娘 強力」や山根酒造場「醗酵の森」は、各酒造の公式HPから注文可能です。適量を守りながら、おいしい鳥取県のお酒や甘酒を味わってみてくださいね。

・谷本酒店
https://www.meishu.co.jp/
・とっとりの酒
https://www.pref.tottori.lg.jp/178246.htm

取材・文/小浜みゆ