ライフスタイル 家にある調味料と調理器具でわかる!?男女で違う、料理上手な人の見分け方

かつて料理ができる女性かどうかを見分けるには「台所にみりんがあるか」を基準にすればいい、と言われていたことがあります。みりんを活用するのは主に和食で、特に煮物などに入れることが多い調味料ですが、長らく「煮物をつくる=料理が上手い」というイメージがあったからでしょうか。しかし今は料理も多様化しており、その図式は必ずしも当てはまらないように感じます。

男性と女性の料理が得意・苦手の割合はほぼ変わらない

そこで今回ご紹介するのは株式会社ネクストレベルがひとり暮らしをしている20~39歳の男女に対して実施した「料理ができる人の割合」に関する調査。まずは男女別に「自分の料理の腕前」に関するアンケートを実施したところ、以下の結果となりました。

自分の料理の腕前

プロ級……男性0.8%、女性0.0%

わりと美味い方……男性8.7%、女性10.4%

普通にできるレベル……男性55.6%、女性59.1%

どちらかというと下手な方……男性30.2%、女性25.2%

まったくできない……男性4.8%、女性5.2%

「料理は女性がするもの」という価値観は現代にそぐわなくなってきていますが、腕前を調査しても男女差はほとんどありません。男性でも女性でも料理が得意な人がいて苦手な人がいる。それが当たり前なのです。

続いて「料理上手と料理下手(をそれぞれ自覚している人)がキッチンに常備している調味料」を調査。かつて料理上手な人が常備しているものといえば“みりん”とされましたが、現代にそういったものは存在しているのでしょうか?こちらは男女別に調査しており、まずは女性の結果を紹介します。

バターとニンニク、オイスターソースは入れると美味しくなるので、料理が苦手な人こそ活用してほしい調味料です。

料理上手な人の多くが常備していて、料理下手な人が常備していないもの。結果をみると「バター」と「ニンニク」、そして「タマネギ」「オイスターソース」が当てはまりました。一方「みりん」は料理下手な人でも74.3%の人が常備。現代ではみりんの有無では判断できないことがわかります。

料理下手な人でも7割以上はみりんをもっていた!
1 2