ライフスタイル これぞ麺喰いの自由研究!?山田うどん「自由研究キット」でうどんをこねてみた【麺喰い女子】

麺喰い女子の皆さんは、関東地方で展開しているうどんチェーン「山田うどん」をご存じでしょうか?コンセプトは「早い!安い!うまい!腹いっぱい!」で、うどんチェーンといいながらもそばはもちろん、ラーメンや「生姜焼き」などの定食、さらにはカレーまであります。うどんやそばは1杯280円から食べることができ、メニューの種類は100以上。まさにコンセプト通り、子どもからお年寄りまでリーズナブルでいながらお腹いっぱいになれるというのが最大の魅力なのです。

埼玉のソウルフード・山田うどんが手作りで楽しめる!

が、今回ご紹介するのは店舗ではなく、山田うどんが夏休み期間に限定販売している「手打ちうどんシリーズ 自由研究キット」。

価格は2,400円。冷凍便で届けられます。

山田うどんの公式サイトでは以前より、自宅で気軽に手打ちうどんが楽しめるキットを発売しています。粉からではなく、すでに完成したうどんの玉が入っていることが特徴で、生地を自分で踏んで伸ばすことによって、独自にコシを生み出すことができます。麺棒や打ち粉、ビニールシートといった必要な道具はもちろん、うどんのつゆもすべて入っていました。

キットの内容はうどんの玉(大人2人前×2玉)、つゆ(大人1人前×4袋)、打ち粉(2袋)、かかしマーク入りオリジナル麺棒、ビニールシート、自由研究レシピが入っています。

さらに4種類の自由研究レシピと研究結果を書き込めるレポートフォーマットを同梱。「うどんを作る工程を変えると、うどんの味はどの様に変化するのか」というテーマについて、楽しく研究をすることができます。例えば足で生地をふむ回数や寝かせる時間などを変えることで、うどんにどんな変化が生じるのか?これって子どもが夏休みの自由研究として実験してみるのはもちろん、大人が試してみても面白いはず!ということで、さっそくチャレンジしてみることにしました。

1 2