ライフスタイル 飲み終えたら小さくたためるなんて!常温ドリンク派にすすめたいシリコン水筒

冬は空気が乾燥して、夏は熱中症対策で、なんだかんだで一年中マイボトルを持ち歩いています。

のどの渇きを感じてから急いでて自販機やコンビニを探すのではなく、すぐさまサッと水分補給ができて、好きな飲み物を持ち歩け、ゴミが出ないのもマイボトルのいいところ。

一方、マイボトルのデメリットのひとつに、飲み終わったボトルが邪魔だと感じている方はいらっしゃいませんか?

筆者は仕事帰りにちょこちょこ必要なモノを買ったりして、ただでさえ荷物の多いバッグがさらにパンパンになりがち。

空になったマイボトルが目に入るたび、「邪魔だな~~」「これさえなければもっと余裕があるのに」と思っていたのです。

1200円だからお試し♪のノリで買ったシリコンボトル

そんなとき、たまたま中国の通販モールAliexpress(通称アリエク)で発見したのが、こちらのシリコン製ボトルです。

以前、日本の雑貨店でくるくる丸めてたためるタイプのシリコン製ウォーターボトルを買ったことがありましたが、シリコンの臭さに耐えかね、結局使わずに捨ててしまったことがあります。

こちらは容量600mL、食品グレードのシリコン使用、耐熱温度は-50℃~200℃、FDA検査および認証つき、BPAフリーと良さげなスペックが並ぶのですが、本当かどうかはちょっと怪しいなと思いつつ……。1200円くらいで高いものではないので、冒険のつもりで購入してみました。
(チャレンジの割に2個も買っていますが)

2週間ほどで到着したシリコン水筒は、結論からいうと、買ってよかった~~~!! まず折りたためるところからお見せしていきましょう。

線に沿ってパタパタたたむだけで、あっという間に手のひらサイズ!

このキャップ部分は安っぽく見えるので、中身が漏れるのでは?と心配していたのですが、全然もれません!

全部分解して洗うことができ、シリコンはやや内側に茶渋が残りやすい気がするため、週に1回ほど、酸素系漂白剤に除菌をかねてつけておきます。

完全に本体部分はシリコン製なので、多少持ち方にコツがいることと、保温・保冷機能は皆無のため、真夏は半日程度で飲み切るように気を付けています。

握ると傾けなくても中身が出てくるので注意

水筒から冷たい飲み物を飲みたい方には向きませんが、体を冷やしたくないので常温でいい!という方や、空のマイボトルの持ち歩きが邪魔だな~と思っていた方には、かなり推せます。

ちゃんと自立します!

外出先でたくさん水分を摂りたいときは、このシリコン水筒と通常の保冷・保温機能つきの水筒と、2本持ち歩くのもオススメ。シリコン水筒のほうを先に飲むようにすれば、さっさとたためてしまうので場所を取りませんよ。

中国の通販モールAliexpressの商品ページ
https://ja.aliexpress.com/item/1005002948127151.html

【一人暮らしを楽しくするシリーズ】
・猛暑に備えを!外でも冷風が送れる「ここひえ」ってどう?
・2021年おすすめモバイルクーラー3選!実機で試しました
・新感覚に驚き!“ひんやり”をさりげなく仕込めるガジェット「REON POCKET2」

取材・文/nenko