ライフスタイル 昨年大反響の企画再び!「焼肉きんぐ」の韓国フェアで海外旅行気分♪

韓国に焼き肉を食べに行っている気分で楽しめると昨年大好評だった「焼肉きんぐ」の韓国フェア。なんと、フェア期間が終わってすぐに、「次はいつですか?」とお問い合わせがあったほどの人気ぶりだったそう。その大人気の韓国フェアが、2021年8月18日から期間限定で開催されます。日本にいながら、韓国旅行気分を楽しめますね。一足先に、期間限定メニューを堪能してきました。

食べ放題で焼き方も教えてくれる「焼肉きんぐ」

昨年も大好評だった韓国フェア。

テーブルオーダーバイキング形式の焼き肉食べ放題専門店の「焼肉きんぐ」では、テーブルのタッチパネルでオーダーし、すべてのメニューをテーブルまで運んでくれます。ドリンクメニューの飲み放題コースも運んでくれるので、ゆっくり過ごせます。

食べ放題コースは、58品食べ放題コース、きんぐコース、プレミアムコースの3つ。韓国フェアの期間限定メニューは、きんぐコース以上でオーダーできます。

タッチパネルを導入し、オーダーが増えたことで配膳スタッフの確保が難しいこともあり、なんと配膳ロボットが活躍しています。公募で決まった名前は「みーと」だそう。ロボットができることは、ロボットに。人にしかできない事は、人が行うという役割分担がされています。

例えば、石焼きメニューなど、熱いメニューは、人がテーブルにサービスしてくれるなど、メニューによっても使い分けされていました。また、「焼肉ポリス」が、席を見回り、焼き方を指導してくれます。いい素材も焼き方次第で味が大きく変わるため、おいしく食べていただきたいという思いから、見回りしているそうです。

1頭から約500gの希少部位の名物きんぐカルビ。

名物のひとつである「きんぐカルビ」は、牛1頭から約500gしかとれない希少部位が使用され、よりおいしく食べられるよう切り込みが入れられています。これは、最高の状態で食べてみたいと思い、焼肉ポリスに焼いていただきました。表面が焼けたら、ひと口大に切り、その切り口のまだ焼けていない部分を焼いて、取り皿にとったら20秒待ちます。

ひと口サイズに切ってから断面を焼きます 。

タレがすでについているので、ひと切れ目はそのまま食べ、もう少しタレが欲しいと感じたら本ダレをつけて食べるのがおすすめとのこと。そのままでも十分おいしかったですよ。こちらは定番の4大名物メニューのひとつなので、ぜひオーダーしてください。定番の代表メニューをご紹介しましたが、昨年も大好評の韓国フェアが気になりますよね。韓国旅行に行った気分で楽しめるメニューをご紹介します。

1 2