ライフスタイル 最後は自分で仕上げてフレッシュに!食べる手が止まらなくなる地方銘菓み~つけた

長距離の移動が難しくなって早2年。おうち時間はまだまだ続きそうです。時にはおうちスイーツで旅行気分に浸ってみませんか?

最近はペーストを自分で塗るなど、最後の仕上げを自分で行う、おみやげお菓子が人気。よりフレッシュに味わえます。

今回は「白い恋人」で有名な北海道『ISHIYA』の北海道外ブランド新商品、名古屋で人気の小倉トーストを最中にした『菓匠 花桔梗』をご紹介します!

白い恋人のラングドシャをミルクジャムで挟む「ツクル ラング・ド・シャ」

北海道の銘菓「白い恋人」でおなじみの「石屋製菓」が、新ブランドとして本州で展開する北海道外ブランド「ISHIYA」より、自分でつくるスイーツ、その名も「ツクル ラング・ド・シャ 」が7月に発売されました。

「白い恋人」をベースにしたプレーンなラング・ド・シャと、北海道の十勝しんむら牧場の「ミルクジャム」がセットになり、つくりたてのラング・ド・シャが食べられるという夢のようなスイーツです!

ラング・ド・シャは2枚×12袋入り。ジャムは140gという大ボリュームで、たっぷり楽しめます。パッケージもとってもかわいいです♪『ツクル ラング・ド・シャ』¥1,836(税込み)。
賞味期限は製造日から90日 。

ミルクジャムというのは、もともとフランスの保存食だそう。十勝しんむら牧場では、朝、搾乳したての牛乳と北海道産グラニュー糖で作っていて、コンデンスミルクをさらに濃厚にしたような味わいです。

まずはベーシックに味わって

ミルクジャムの種類はプレーンとショコラの2種類ありますが、今回はお店の方におすすめいただいたプレーンを取り寄せました。

個包装のラング・ド・シャはサクサク!これだけで食べても十分美味しいのですが、カナッペのように、1枚にジャムをたっぷりのせて食べてみたり、白い恋人のようにサンドしたりと試していると、もはや食べる手が止まりません!

たっぷりとミルクジャムを乗せていただきます。奥の瓶はショコラ。
サンドしても、カナッペのように1枚に乗せてもよし。食べる手が止まりません…!

ミルクジャムはたっぷり量があるので、惜しみなく塗れます。ただし、あまり乗せすぎるとラング・ド・シャが重みで割れてしまいますので(実体験)、どうぞ欲張り過ぎにはご注意を……。

ラングドシャアレンジ&ジャムは他のスイーツにも!

ラング・ド・シャにいちごやバナナなどのスイーツを載せて食べるアレンジも楽しめます。私は黙々と食べてしまいました……。ナッツや黒ごまなども合いそうです。

ジャムはコクがあるので、ワッフルやスコーンに塗るのもおすすめ。自宅で作るスイーツのお供にも良さそうです。フルーツにかけても絶対においしい!あれこれ考えるだけでもわくわくします。

さまざまなアレンジを楽しめます!

イシヤオンラインショップ( 8/31 までの期間限定)、または都内ISHIYA北海道外直営店にて購入可能のこの商品。通販でも常時販売を願ってしまうおいしさです。

ISHIYA https://www.ishiya.co.jp/ginza/

1 2