ライフスタイル 首都圏の人気駅ランキングは二年連続「辻堂」が1位だけど、東京の意外な駅がTOP10入り

住む場所を選ぶうえで重要となる「最寄り駅」。コロナ以前では勤務地までのアクセスの良さなど、都心に近いことが良しとされました。しかし現在はリモートワークの普及や長期化により、都心までの通勤時間を最重視しない人が増えつつあるようです。

長らく人気だった吉祥寺駅は10位圏外に!

株式会社オウチーノでは住宅・不動産専門サイト「オウチーノ」の2021年1月-7月の期間及び、前年同期間(2020年1月-7月)における「オウチーノ」サイトへのアクセス数を集計。両期間の首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)人気駅ランキングを発表しています。

2021年は10位中5駅が神奈川でした。

コロナ禍初年度となった2020年のトップ3は「辻堂駅」(神奈川県)、「浦和駅」(埼玉県)、「流山おおたかの盛り駅」(千葉県)。コロナ禍2年目となる今年になって2位と3位が入れ替わっていますが、この3駅の人気は変わっていないことがわかります。特徴としては東京の駅が上位に入っておらず、昨年は4位だった「吉祥寺駅」(東京都)が10位圏外となっていること。吉祥寺はコロナ以前だと人気駅ナンバー1だったことの多かった駅ですが、コロナ禍で人気に陰りがみえるようです。

2年連続1位となった「辻堂駅」ですが、調査を実施した株式会社オウチーノによると「近年の再開発により商業施設などが充実し、子育て世帯など若いファミリー層からも支持されている」と分析。とはいえ東京駅までの電車での移動時間は最短で54分と、都心へのアクセスが良いかどうかは判断が分かれるところです。それでも1位となっているのは、それを跳ね返す魅力があるのと、コロナ禍でやはり通勤時間を重視しなくなる人が増えている証拠かもしれません。

1 2