ライフスタイル 今日もお疲れ~!シロクマ、ゾウさん、ドラゴンなど動物ラベルのクラフトビールはいかが?

「インドの象徴として象さんを採用しました。現在は販売していませんが、この初代ゾウさんラベルの象の背中にはハリネズミが乗っていました。イギリスでは野生のハリネズミが出るらしく……。イギリスとインドを結ぶビールとしてインド象にイギリスのハリネズミを乗せました」 (エチゴビール・マーケティング室 別所さん)

そして今年、期間限定でゾウさんシリーズの「潤いホップの惚れ惚れエール」が発売されました。IPAの中でも今、特に人気の高いアメリカ生まれのHazy(ヘイジー) IPAです。ヘイジーとは濁ったという意味ですが、ホップ感たっぷりながら、苦みを抑えたジューシーなIPAです。

ところで、このゾウさんの後方にネッシーのようなものが描かれています。

「ヘイジーIPAの発祥はアメリカの東海岸、ニューイングランドと言われていますが、シャンプレーンという湖があります。そこにネッシーのような未確認生物がいると言われていて“チャンプ”と呼ばれているそうです」( 別所さん)

未確認なのでなんとも言えませんが、インドとヘイジーIPAを結ぶ生物としてチャンプが採用されたというわけです。

シロクマ、ゾウより先にドラゴンがいた

実は、エチゴビールにはシロクマやゾウより先に、動物とは違いますが、ドラゴンがいました。

IPA好きのIPA、味も缶もインパクトあり!

緑のドラゴンが爪? ウロコ? でグラスをしっかり抱え込み、今にもほおずりせんばかりの姿……インパクト強め……というか強いです。味わいは、ホップの効いた苦みも柑橘の香りもほとばしるIPAらしいIPAです。

2017年に定番商品として店頭に並んでいます。しかし、なぜ、ドラゴン?

「地元、新潟の歴史に由来があります。戦国時代に越後の国を治めた上杉謙信という武将が、“越後の龍”と呼ばれていたので。

このIPAはアメリカ生まれの、ウエストコーストIPAです。ひとくち飲むとガツンと苦みが来て、そのあとスーッと爽やかな柑橘系の香りが抜けていく。その味わいから喚起されたのが越後の龍が空を飛ぶイメージです」( 別所さん)

動物ラベルの由来を知ることは、ビールや歴史を知ることにもなりますね。シロクマやゾウ、ドラゴン、いろんな動物を1本ずつ楽しんでみませんか? 今週もお疲れさま〜!

エチゴビール

取材・文/佐藤恵菜

1 2