ライフスタイル クドカンの歌舞伎を映画館で!初心者にもおすすめ「シネマ歌舞伎」で観劇デビューはどう?

度重なる外出制限、イベントの中止。配信は楽しいエンターテイメントを部屋に運んでくれますが、もう少し、新たな刺激がほしい……。そんな時は「シネマ歌舞伎」に足を運んでみませんか。映画館の大きなスクリーンと音響で、古典の名作や新作歌舞伎が楽しめるんです。

シネマ歌舞伎って?新たな歌舞伎への入り口として誕生

2005年に始まったシネマ歌舞伎。それまで劇場でしか見られなかった歌舞伎の舞台を、映画館で上映する、画期的な取り組みでした。それから15年以上が経ち、シネマ歌舞伎は進化を続け、最新の映像技術を駆使。「美」と「臨場感」に徹底的にこだわった、劇場で生の歌舞伎を観ているかのような感覚を再現した作品を目指しながら、全国の映画館で上映されています。

映画同様、演目を選んでチケットを購入すればOK!ムビチケなどで前売りを買うのもよし、オンライン予約ももちろん可能です(※上映館による)。

古典の名作や、今は亡き偉大な俳優の名演技が見所の演目、話題になった新作歌舞伎まで、そのラインナップはさまざま。初心者の方にもわかりやすい演目が多いですし、上映中に説明が入ることも。劇場に行くのは難しいという方にもおすすめです!

歌と踊りとお芝居と俳優!歌舞伎の魅力が存分に味わえる

「大江戸りびんぐでっど」これも歌舞伎。

歌舞伎って難しそう!と思うかもしれませんが、元々は庶民の娯楽。コントやお笑いが散りばめられていたり、ワイドショー的なゴシップを扱ったり、京やお江戸のミュージカルとして人気でした。なので、構えなくて大丈夫!特にシネマ歌舞伎は近所の映画館で気軽に観られるところが大きな魅力です。

『熊谷陣屋』は上演される回数も多い定番の演目。

気になるラインナップは『熊谷陣屋』『阿古屋』といった古典の名作、『三人吉三 (さんにんきちさ)』 『人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)』 のような親しみやすい人気作品、『鷺娘』などの踊り、そして野田秀樹演出作品やスーパー歌舞伎Ⅱ、新作歌舞伎に至るまで、歌舞伎ってこんなに多様なんだ!と驚くほどですよ。わかりやすくなっているとは言っても、不安……という方は、イヤホンガイドアプリを活用するのがおすすめ。シネマ歌舞伎専用のイヤホンガイドが販売されていることもあります。

舞台と違って、ズームアップがあるのも特徴。歌舞伎俳優の表情や手足の細かい動きまでじっくり観られますよ。

近く上映予定がある作品や上映館は、シネマ歌舞伎公式HPをごらんください。《月イチ歌舞伎》として、毎月よりすぐりの演目を上映しています!

8月27日から「大江戸りびんぐでっど」が上映!

宮藤官九郎作・演出の「大江戸りびんぐでっど」。

2021年8月27日から上映になる「大江戸りびんぐでっど」は、宮藤官九郎作・演出の異色の歌舞伎。歌舞伎座の花道をゾンビでいっぱいにしたい!というアイデアから生まれ、2009年の歌舞伎座建て替え前のさよなら公演のひとつとして上演されました。

クドカン作品らしいドタバタコメディを稀代の名優たちが演じるという贅沢!歌舞伎初心者さんはもちろん、歌舞伎ファン、誰もが楽しめるエンターテイメント作品です。

主演・半助役は市川染五郎(現・松本幸四郎)さん。半助が思いを寄せるお葉役は中村七之助さんです。お葉の死んだ旦那役が故・十八世中村勘三郎さん。夫婦役を親子で演じるのがいかにも歌舞伎らしい一面です。他にも中村勘九郎さん(クドカンとは『いだてん』でタッグを組みますね)、中村獅童さん、中村福助さんなど、重厚な役者陣が揃います。

1 2