ライフスタイル 「やさしくない仕掛け」で、パラアスリートの超絶プレーが実感できる特別展に行ってきた

東京パラリンピックが開催中の2021年8月27日から29日までの3日間限定で特別展「やさしくないミュージアム」が開催されました。パラアスリートを『体感×鑑賞』できる体験型ミュージアムで、入場条件が車いすという展示会です。車いすは自前、もしくは会場でのレンタルで事前予約はあっという間に満席に。一体どんな展示なのか、初日に体験に行ってきました。そこには、パラアスリートをより深く知ってもらうだけでなく、真のバリアフリーを伝えたいという思いが込められていました。

特別展「やさしくないミュージアム」とは

体験型の特別展「やさしくないミュージアム」

WOWOWが放送する「パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM」が、東京・豊洲エリアの情報発信拠点である「WHO I AM HOUSE Powered by TOKYO GAS」で、3日間限定で開催したのが、特別展「やさしくないミュージアム」です。

この「WHO I AM」とは、WOWOWと国際パラリンピック委員会(IPC)の共同プロジェクトとして2016年にスタートした世界のトップパラアスリートに迫るドキュメンタリーシリーズで、25ヵ国40選手を番組で紹介しています。

アスリートたちの「これが自分だ!」という輝きや、彼らが目指す世界最高の舞台であるパラリンピックでの勇姿などが描かれています。そんな情報発信基地として2021年7月にオープンしたのが「WHO I AM HOUSE」で、多様性を認めあう未来社会へ向けた情報発信基地として、常設展や特別展が開催されています。

東京パラリンピック開催に合わせ、アスリートヴィレッジからのアクセスもいいことから、海外のパラアスリートたちとの交流の機会となるイベントをと計画されていたそうですが、5月時点でコロナの状況を鑑み、計画を変更したそうです。

左から:長野パラリンピック・トリノパラリンピック アルペンスキー日本代表の野島弘さん/シドニーパラリンピック 車いすバスケットボール日本代表キャプテンの根木慎志さん/藍色くまモン/IPC&WOWOW パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM チーフプロデューサーの太田慎也さん。

「パラアスリートのプレーを美術館のように鑑賞してもらえたら、人が集まりすぎず、しゃべらず、パラリンピックのことを広められると考えました」と、WOWOWチーフプロデューサーの太田慎也さん。

パラリンピックの競技は多岐にわたりますが、今回は、車いすで鑑賞する体験展示ということで、7つの車いす競技がピックアップされていました。2000年からパラスポーツ取材に携わっている写真家の越智貴雄さんによる迫力あるパラアスリートたちのプレー写真が、さまざまな仕掛けで鑑賞できました。

長野パラリンピック・トリノパラリンピックのアルペンスキー日本代表で一般社団法人ZEN代表理事の野島弘さんは、「なるほど、こういう伝え方があるのか~。パラリンピックをより楽しく見られると思います。それから、みなさんが考えるきっかけになるのにプラスして、自分が考える普通の範囲をもうちょっと広げて欲しいと思います。」とのこと。

また、シドニーパラリンピックの車いすバスケットボール日本代表キャプテンをつとめ、東京2020大会選手村パラリンピックビレッジ副村長もつとめる根木慎志さんは、「パラリンピックは可能性の祭典でもあります。むずかしいことにチャレンジするとわくわくしますから。」と、おっしゃいます。そのわくわくのお話は後ほどお伝えしますが、こんなお話のあと、根木さんのお友だちという特別ゲストが登場しました。

なんと「藍色くまモン」です。藍色は、勝ち色ともいわれていることから、「勝ち色くまモン」なのだそう。藍色くまモンも、車いすに乗って、展示を体験していました。

一体、どんな展示なのか、筆者は車いすバスケットボール用の車いすで展示を体験しながら鑑賞してきました。

1 2 3