ライフスタイル 10代~70代以上まで悩みは一緒!改善したい身体の部分1位は?

コロナ禍で運動不足を自覚している人は多いと思いますが、こんな時でもジムなどに通って積極的に身体を動かしている人がいます。女性専用AIフィットネス『FURDI(以下、ファディー)』を運営する株式会社ファディーでは、運営ジムに通っている女性10代~90代の600名の女性を対象に「年代別の悩み」に関する意識調査を実施。こちらによって運動をしている女性のさまざまな実情が明らかになっています。

ジム通いの頻度は年代が上がるたびに増えていく

まずは各年代でジムに通っている頻度を調査していますが、10代から20代で一番多かったのは「週1日」(29.1%)。その一方で「週2回」と「週3回」で通っている人を合計すると50.6%でした。そして30代になると週1日は17.0%まで減り、一番多いのは「週2日」(33.0%)。さらに40代になると、今度は「週3回」が31.4%で一番多くなっており、週2回との合計は62.1%と6割越えとなっているのです。一方50代以上になると「週1日」と答えた人はわずか9.1%ですが、週2と週3の合計は62.0%と40代からほぼ横ばいでした。

どうやら若い世代ほどジムで運動に費やす時間は週1回で満足している傾向にあるようですが、各年代でジムに通う目的は違うのでしょうか?そこで同調査では各年代で「ジムに通う目的」を調査したところ、「肥満解消・ダイエットのため」との答えが一番多かったのは20代と40代。ほかの世代は「健康のため」が多くなっていることが分かりました。唯一70代だけは「肥満解消・ダイエットのため」と「健康のため」が同数でしたが、若い世代は新陳代謝が活発なので、週1回だけでも十分結果が出るのかもしれません。

とりあえず道具をそろえてモチベーションを上げるのもいいかも?
1 2