ライフスタイル タイ人に大人気!お土産にしたい日本のお菓子1位「富士山メルヴェイユ」って知ってる?

日本中がインバウンド需要に沸いていたのも今や昔。新型コロナウイルスの影響により、観光地に行っても外国人観光客はほとんどみかけなくなりました。とはいえ東京オリンピック・パラリンピックの開催により、世界の日本への関心は一時的に高まったのではないでしょうか?

日本は本国・イギリスに続く世界第二位の「キットカット」消費国

そこで今回ご紹介するのは、株式会社アジア・インタラクション・サポートが日本や旅行に関心のあるタイ人を対象に実施した「タイ人がお土産にしたい日本のお菓子に関するアンケート」。タイはもともと親日国として知られており、コロナ以前の2019年には年間131万人の観光客が日本へ訪れていました(日本政府観光局調査)。そんな彼らが日本で購入するのはどんなお菓子なのでしょうか?まずはタイ人にとって知名度が高い日本のお菓子ランキングはこちらになりました。

コンビニなどでも購入できる「果汁グミ」がこんなに有名だったとは!

知名度95%以上を誇る1位は「キットカット」(ネスレ)。とはいえ発売元のネスレ公式サイトによると、キットカットの原型となる「チョコレート クリスプ」が生まれたのは1935年のイギリスだそうです。日本に上陸したのは1973年ですが、現在では本国イギリスに続く世界第二位のキットカット消費国なのだそう。その人気の秘密はフレーバーの豊富さで、現在は「濃い抹茶」「ほうじ茶」といった日本独特のフレーバーはもちろん、日本各地限定のご当地フレーバーが多数販売されています。ちなみにタイでもキットカットは販売されているそうですが、そういった日本ならではのフレーバーに注目が集まっているようです。

1 2