ライフスタイル プチイラッを解消!iPhoneとApple Watchを同時充電できる『MagSafeデュアル充電パッド』

女性が使いやすく、毎日がちょっと楽しく便利になるデジタルガジェットを、ライターの太田百合子さんが解説! 豊富な知識や自腹買いであれこれ試した経験から、ガチのオススメを紹介します。

★★★

例年通りであれば、間もなく新機種が発表になる『iPhone』。毎年何かしらの新しい機能が追加されていますが、昨年登場した『iPhone 12』シリーズから採用された新機能のひとつに「Magsafe」があります。

「Magsafe」はその名の通り、『iPhone 12』シリーズの背面に様々なアクセサリーがマグネットでピタッとくっつくしくみ。iPhoneはケーブルを抜き差ししなくても、置くだけで充電ができるワイヤレス充電に対応していますが、ワイヤレスとはいっても充電器とiPhoneをあわせる位置が決まっているため、ずれるとうまく充電されなかったり、ロスが生じて充電に時間がかかるといったことがありました。

「Magsafe」対応のワイヤレス充電器は、マグネットで『iPhone 12』シリーズの背面にピンポイントでくっつくので、ずれる心配がありません。アクセサリの『MagSafe充電器』(4950円)と別売の『20W USB-C電源アダプタ』(2200円)を組み合わせれば、ワイヤレスながら急速充電も可能です。

(写真右)『MagSafe充電器』(4950円)。マグネットでピタッとくっつくのでずれる心配がありません。

しかし『iPhone 12』シリーズにあわせて『MagSafe充電器』が発売された当初、筆者はこの充電器の購入を見送りました。たしかにいちいちLightningケーブルをつながなくてもいいのは便利ですが、たとえば旅行などの際にLightningケーブル1本を持ち歩くのと、『MagSafe充電器』を持ち歩くのでは、後者のほうがかさばります。Lightningケーブルを抜き差しした方が簡単だし、早いと考えたからです。

それなのに今では、『iPhone 12』シリーズの充電に、毎日のように「MagSafe」を使っています。『iPhone』と『Apple Watch』を同時に充電できる、『MagSafeデュアル充電パッド』を購入したからです。

『MagSafeデュアル充電パッド』(1万6280円)

『MagSafeデュアル充電パッド』は「MagSafe」に対応し、『iPhone 12』シリーズと『Apple Watch』を同時に、ワイヤレス(といってもくっつけるのですが)に充電ができる充電器です。折りたたみ式でコンパクトになるので、持ち運びに便利な一方で、『Apple Watch』を置くスタンドが起こせるようになっていて、無理のないスタイルで充電ができます。

『iPhone』と『Apple Watch』を同時にワイヤレス充電。スタンド式なので『Apple Watch』を自然なスタイルで置けます。

『Apple Watch』は『iPhone』が「MagSafe」を採用するずっと以前から、背面にマグネットでくっつく、専用の充電ケーブルで充電するしくみを採用してきました。しかしこの専用充電ケーブルのマグネットはやや弱く、朝起きたら何かのはずみで外れていて、充電ができていなかったということがありました。

『MagSafeデュアル充電パッド』は専用ケーブルよりもマグネットが強力、かつスタンドが起き上がって『Apple Watch』を横向きの安定した状態で設置できるので、確実に充電できます。また『Apple Watch』は横向きになると、自動的に「ナイトスタンドモード」に切り替わります。ベッドサイドに置けば、数字の見やすい目覚まし時計にもなります(写真上)。

1 2