ライフスタイル 長期保存食『IZAMESHI』を使った料理が楽しめる!杉田エースの新レストラン&アウトドアショップ

突然の災害時に備えた長期保存食『IZAMESHI(イザメシ)』を販売する杉田エースが、2021年9月1日の防災の日に新店舗「GINZA innit(ギンザ・イニット)」を銀座7丁目にオープンしました。1階の「IZAMESHI Dish(イザメシディッシュ)」で『IZAMESHI』を使った食事を楽しみ、2階の「upstairs putdoor living(アップステアーズ・アウトドアリビング)」でアウトドアやライフスタイルアイテムをチェックしてきました。

銀座の街並みに溶け込む透明度と開放感に満ちた「GINZA innit」。

長期保存食『IZAMESHI』を使った料理が味わえる

1階の「IZAMESHI Dish」は木の温かみを感じるナチュラルな空間。棚には“食べない備蓄食から、おいしく食べる長期保存食へ”をコンセプトにした『IZAMESHI』の商品が並び、購入することもできます。

カジュアルな雰囲気でくつろげる「IZAMESHI Dish」。

『IZAMESHI』は水を加えるだけで食べられるご飯類やお湯を注ぐだけの本格手延べ麺、缶切り不要のおかず缶など、バリエーション豊富。9月1日には新たに6種類のスープがラインアップに加わりました。

長期保存食とはいえ、アウトドアや毎日の食卓にもおすすめの『IZAMESHI』。
ガスパチョ、7種野菜のコンポタージュ、トムヤムクンなど、6種類のスープ(454円)を新発売。

そんな『IZAMESHI』を使った彩り豊かな料理が楽しめる「IZAMESHI Dish」。ランチセットや日替わりのディナーコース、アラカルト、スイーツ、自家製発酵ドリンクなどを用意しています。

筆者が試食したのは内覧会用のメニューだったのですが、これらの料理のベースが長期保存食であることに驚きました。

筆者が試食した内覧会用のメニュー。ガスパチョや麻婆豆腐の三角揚げ春巻きなどが入っていました。

メニューはランチ1320円~、日替わりのディナーコースは3300円で5品付いています。ナイトメニューにはアラカルトも充実。

ナイトメニューの鮮魚のグリル ガスパチョのアラビアータソース(1650円)。
ナイトメニューの麻婆豆腐の三角揚げ春巻き3個(715円)。
デイメニューの塩豆腐とわかめご飯の和風ライスサラダ 特製みそドレッシング(1430円)。
1 2