ライフスタイル 和栗がまるごとイン!ジョエル・ロブションの秋限定「オートンヌ ~カシス&マロンのお菓子~」実食レポ

世界で最も多くミシュランの星を持つシェフとして知られるフレンチの巨匠、 ジョエル・ロブション。Suits woman読者でもご存じの人は多いと思いますが、なんとなく敷居が高くて気軽に足を運べない、高級フレンチのイメージを持つ人も少なくないかもしれません。

しかしジョエル・ロブションにはパティスリー&ブランジュリー「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」をはじめ、フランスの伝統的なお菓子とパンが気軽に楽しめるお店がいくつもあり、オンライン販売にも対応しています。これが本当に素晴らしい美味しさなのです!

和栗がまるごと入って秋らしさ満載!

オートンヌ ~カシス&マロンのお菓子~

今回ご紹介するのは、9月より発売されている秋限定商品「オートンヌ ~カシス&マロンのお菓子~」。ジョエル・ロブションではクリスマスに食べるドイツの焼き菓子・シュトーレンの技法を用いたお菓子を季節ごとに発売していますが、商品名の「オートンヌ」はフランス語で秋を意味しているそうです。

赤紫色の生地に練りこまれているのは、甘酸っぱいカシス。中央には茨城産の和栗がまるごと入っており、ビジュアル的にも秋らしい美しさにあふれています。そこにシュトーレンの技法でバターと粉砂糖をコーティング。食べる際もシュトーレンのようにそのまま、もしくは冷やしてナイフでスライスしていただきます。

シュトレーン同様、粉砂糖がコーティングされています。
1 2