ライフスタイル ふるさと納税はクレジットカードのECサイト経由で支払うとお得!

「ふるさと納税って最近特に聞くけど、実はまだ内容や始め方がイマイチ分からない…」と思っているSuits woman読者のみなさん、ふるさと納税は思っていたより簡単にできるんです。

ふるさと納税のしくみ

ふるさと納税はシンプルに答えると、実質2,000円の負担で、それ以上支払った金額分、翌年度の税金から控除される制度ということになります。(年収と家族構成により上限あり。)

例えば、年収300万円の独身者が納税上限である約27,000円のうち、2万円のふるさと納税をしてお礼品をもらった場合、翌年度の税金が負担した2,000円を引いた金額となる18,000円安くなるというものです。

つまりは税金を自己負担額2,000円支払って、選んだ自治体に前払いしているよいうような解釈になります。

そのため「前納税をして選んだ商品がもらえるなんてお得!」という方もいれば、「2,000円を支払ってまで税金を前払いしたくない。」という方もいるのが正直なところでしょう。

ではまず「2,000円を払ってまでするふるさと納税の良さとは何?」思っている方に、ふるさと納税の意味について説明していきます。

今の時期の返礼品はフルーツも人気。

ふるさと納税は思いやり

人は生まれ育ったところから歳を重ねるごとに人口の多い都市に移っていくことが多いです。それは教育だったり、医療だったり、仕事先だったりとそれぞれの理由があります。

そして移り住んだ場所で税を納めることで、住みやすい環境が整われています。けれど、自分が生まれ育った市区町村にはその税収は入りません。そこにあなたはいないからです。現実として、ふるさとと言われる地方では人口が減少し、それに伴い税収も少なく環境を整えるのが難しくなっています。

そこで誕生したのがふるさと納税です。

納税という言葉がついてはいますが、実際には都道府県の市区町村への寄附となります。そのため、寄付された金額の一部が所得税、または住民税から控除されるのです。

<ふるさと納税のメリット>

〇ふるさとや思い入れのある市区町村に寄附ができる。
〇その寄付で市区町村が潤う。
〇寄付になるので税金の控除がある。
〇特産品などがお礼品として受け取れる。

ふるさと納税=お礼品という式が印象深くあるものの、実際には自分のふるさとや縁のある市区町村に寄附をして応援することができるという魅力が根底にあるのです。

ふるさと納税をするには、楽天市場ふるさと納税を始め、ふるさと納税のサイトを利用します。カテゴリーや金額からお礼品を選ぶことができるので、予算に合わせて楽しみながら探せるのもメリットでしょう。

利用時の登録もとても簡単なのでこのまま説明していきます。

実際にふるさと納税をしてみよう

まだふるさと納税をしたことがないという方に向け、筆者が実際にふるさと納税を利用したときの流れを画像付きで説明していきます。

(1)ふるさと納税ができるサイトを見つける

「ふるさと納税」と検索すると楽天市場、ふるさとチョイス、さとふる、ふるなびといったサイトが出てきます。その中から自分が見やすい、使いやすいサイトを利用してください。

今回はふるさとチョイスを利用してみました。

(2)会員登録をする

最初に行なうのは会員登録です。他のサービスIDと連携させる場合は、表示されているところから選んでください。

その前に欲しいお礼品(返礼品)があるかを確認してサイトを決めるのもいいでしょう。

会員登録が終わると上記のように本登録が完了したことを知らせるページが出ます。

(3)メールが届いたらURLを開いて各設定をする

①ファスト寄附設定

これはふるさと納税を決めたとき、その寄付金の使い道について決めておくものです。自然や環境整備、子どもたちの教育などがあるので、寄附先を設定しておきましょう。

②寄附申込者の情報、届け先の追加、ワンストップ特例申請書の送付設定

ワンストップ特例制度はふるさと納税を行なった後に確定申告をしなくても控除が受けられる制度です。医療費や一時所得などがなく確定申告が必要ない方はこちらを利用すると便利でしょう。

※お礼品は時価相当額が寄付額の30%となるので、保険の解約などで一時所得があり合算で50万円以上を超えるときは確定申告が必要となります。

③ファスト寄付の利用を選ぶ

「利用する」を選ぶと、先ほど決めた寄付の使い道などの登録情報を変更せずに、最短クリックで寄附をすることができます。

何度か利用する予定があるときは「利用する」をチェックしておくと便利でしょう。

(4)お礼品を選ぶ

会員登録が完了したので、ここからいよいよお礼品選びです。

ランキングから選んでも良し、ふるさとを検索するも良し、画面のようにカテゴリーから選んでも良し。本当にたくさんの名産が載っているので、街へ行った気分で探してみてください。

(5)お礼品を決める

ここでは山形県新庄市の和みロールを選んでみました。

(6)支払い方法を決める

支払い方法はクレジットカード、メルペイ、AmazonPayなど自治体により異なります。

(7)申込内容を確認する

寄附額と申込した自治体を確認して、間違いがなければ申込むボタンをタップして完了です。

詳しく画面を紹介しましたが、実際にやってみると選んでタップしていくだけなので、とても簡単な操作です。

1 2