ライフスタイル ヒルトンが京都初進出!ラグジュアリーホテル「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts」

スパ&フィットネスエリアも充実!

リゾートには欠かせないスパ&フィットネスエリアも充実しています。アジアンリゾート風にデザインされた屋外サーマルプールは天然温泉が引かれ、日本ではめずらしく、夏だけでなく365日いつでも利用可能です。プールサイドにあるグリーンエリアでは、ヨガなどのフィットネスが楽しめるプログラムも用意されているとのこと。プールを見下ろしたり、窓の向こうに広がる緑をながめたりしながら、ウォーキングやサイクリングなどのトレーニングができるフィットネススペースも用意されています。

365日利用できる天然温泉の屋外プール
プールサイドの芝でヨガもできちゃう!
大きな窓があるフィットネススペース

自然哲学の5つの思想を取り入れ、“KYOTO ELEMENTS”と名付けられたオリジナルトリートメントを提供する「THE ROKU SPA」は、個室と友達やカップルとペアで利用できる温泉付の部屋があります。サーマルプールやフィットネスと連動したプログラムも気になるところです。

「THE ROKU SPA」

優雅な気分で食事&ティータイムを

レセプションの向かいにある「Tea House」では、オリジナルブレンドのお茶やドリンクが楽しむことができ、ティーセレモニーなどのイベントやアクティビティも催される予定です。

「Tea House」

敷地内に一つだけあるフレンチレストラン「TENJIN」は、気分にあわせて使い分けられるよう、3つの空間が用意されています。メインのオールデイダイニングは、完全予約制のカウンター席、シェフズテーブルとあわせて、美術館でアートを楽しむように演出された料理の数々を味わえます。

広々としたメインダイニング
完全予約制のシェフズテーブル

天神川に面したテラス席「Engawa」では、オープンエアで自然を楽しみながら食事やティータイムを。大人の社交場をコンセプトにした「ザ バー」では、シグニチャーカクテルを片手に水盤に映る月を楽しめるかもしれません。

テラス席ではアフタヌーンティーセットを提供。
大人の時間を過ごしたいバーエリア

敷地内は全体的にシンプルで落ち着きがあり、インテリアに使われている京都の工芸品も建物によく馴染んでいて、日本のような、でもどこか遠いアジアのような不思議な雰囲気が醸し出されています。京都をよく知っているからこそ楽しめそうなリゾートで、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

【施設情報】
住所:京都府京都市北区衣笠鏡石町44-1 
公式サイト:https://lxr.hiltonhotels.jp/hotel/kansai/roku-kyoto-lxr/

取材・文/野々下裕子

1 2