ライフスタイル 冷凍庫に常備しておきたい!イケアの100%植物由来「プラントベースひき肉」が便利

北欧インテリアといえば、まず思いつくブランドのひとつがスウェーデン発祥の「イケア」ですよね。そんな「イケア」がホームプロダクツやイートインのレストランだけでなく、フードの小売り事業にも力を入れていることはご存知ですか?

フードの小売り事業では、販売商品のうち80%を2025年までに植物由来食品にすることを目標に掲げていて、これまでも、プラント(ベースのミート)ボール、カツカレー、ラーメンなどの商品を発売してきました。

そんな「イケア」のサステナブルを実現する食品ラインナップにプラントベースのひき肉が加わりました。

植物由来の原料でつくったプラントベースひき肉「VÄRLDSKLOK/ヴェルドスクロック」。 肉は一切使っていません。

「VÄRLDSKLOK/ヴェルドスクロック」は、イケアが肉や卵を一切使わず開発した100 %植物由来のひき肉です。お好みの形に丸めてプラントベースの手作りハンバーグやミートボールを楽しめます。

見た目も味もまるっきりひき肉ですが、素材にはエンドウ豆由来のタンパク質を使っています。

値段は750g冷凍999円(税込)です。
お好みの形に変えたり、さまざまな味付けをしたり、万能に使えますよ。

【商品概要】

商品名:VÄRLDSKLOK/ヴェルドスクロック
販売場所:全国のイケア店舗
URL:https://www.ikea.com/jp/ja/p/vaerldsklok-plant-mince-shapeable-frozen-70506195/

冷蔵庫のストックとして常備すれば、ハンバーグやミートボールのトマト煮込みなどボリューミーなメニューもヘルシーに楽しめそうですね!

プラントベースのひき肉を使って、美味しくて環境にも優しいメニューを試してみてはいかがでしょうか。

文/ latte+