ライフスタイル ついに登場の『iPhone 13』は何が新しい?どう選べばいい?ポイ ントを解説!

女性が使いやすく、毎日がちょっと楽しく便利になるデジタルガジェットを、ライターの太田百合子さんが解説! 豊富な知識を自腹買いであれこれ試した経験からガチのオススメを紹介します。

★★★

9月24日、ついにアップルから『iPhone』の最新モデル4機種、『iPhone 13』『iPhone 13 mini』『iPhone 13 Pro』『iPhone 13 Pro Max』が発売されました。Apple Store、家電量販店などのほか、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルでも購入できます。

新しい『iPhone』は、何が新しいのか。気になっている人も多いと思いますので、新機能や各機種の違いについて紹介します。

『iPhone 13 Pro』のゴールド(左)と、『iPhone 13 mini』のピンク(右)。
『iPhone 13』『iPhone 13 mini』では、新色のピンクが選べることもポイントです。

ディスプレイの見やすさ、タフさがパワーアップ!

今「そろそろ買い換えを」と思っているのはおそらく、⒉年前の『iPhone 11』やそれ以前の『iPhone XS』を使っている人が多いのではないかと思います。そこから比較すると最新の『iPhone 13』は、ちょっと劇的と言っていいほど進化を遂げています。

まず最新モデルはすべて、5Gに対応。現在、各携帯電話会社がお得なキャンペーンとともに猛プッシュしている、5Gプランが利用できます。「A15 Bionicチップ」という超高速なチップセットが採用されていて、各種操作が快適なのはもちろん、ディスプレイはより高解像度かつコントラストがくっきりして、ぐっときれいで見やすくなっています。

ディスプレイ上部のカメラが配置された黒い部分を「ノッチ」と言いますが、『iPhone 13』シリーズではこのノッチが少し小さくなり、その分だけディスプレイが広くなっています。

『iPhone 13 Pro』『iPhone 13 Pro Max』のディスプレイにはさらに、画面の書き換え速度を自動的に調整してちらつきを抑え、速い動きのゲームやスクロールなどの操作をより滑らかに表示できる機能も採用されています。

また頑丈さもパワーアップしています。いずれのモデルも前面のスクリーンに「セラミックシールド」と呼ばれる、ガラスよりも丈夫な素材が採用されているのに加えて、最新モデルでは耐水性能も向上。水濡れにもより強くなりました。またバッテリーもより長く、タフに使えるようになっています。特に『iPhone 13 Pro』『iPhone 13 Pro Max』は、バッテリー持ちが良くなっています。

充電方法も従来通りケーブルを接続するほか、背面に磁石でピタっとくっつく「MagSafe」に対応する充電器を使って、ワイヤレス充電ができます。ケーブルは抜き差しが面倒だったり、差しっぱなしにしていると引っかかったりしがちですが、「MagSafe」はマグネットでさっとくっついて、さっと離れるので取り外しがしやすく、万が一ケーブルがひっかかっても安心というメリットがあります。

カメラ性能が大きく進化

そして新旧の『iPhone』で何より違いが感じられるのが、カメラです。

1 2