ライフスタイル 女性一人旅で気になる「食事どうする問題」。一人旅歴10年の女子カメラマンは食事先をどう決める?

こんにちは。カメラマンの南谷有美です。一人旅をする上で気になることの一つとしてあげられる、食事。「どこで食べればいいのだろう」と疑問に思う方や、「一人だと寂しい人だと思われないかな」と不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、食事先の決め方についてお話したいと思います。私なりの選定の仕方をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

我流。食事先の決め方

食事は醍醐味の一つとしてあげられるくらい、旅の中でも大切な事柄となっています。せっかく旅に出掛けたのに、どこに入っていいかわからなくて、または一人で入る勇気がなくて、チェーン店での食事やコンビニの弁当で済ませてしまった…という経験があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も一人旅を始めてすぐの頃は、そのように食事を済ませてしまうことがほとんどでした。やはり見慣れた店を見ると安心しますし、どういう価格帯でどういうメニューがあるのかというイメージが浮かびやすいので失敗もなく、食事を楽しむことができますよね。

一人旅初心者の頃は、このような形で満足していましたが、やはり旅先での外食も楽しみたいと思うようになりました。検索方法は主にインターネットかSNSで、「ここ美味しそう!」という場所を選ぶようにしていました。大衆食堂よりは、女性が一人で訪れても浮かないようなカフェなどを選択していました。

旅の回数をさらに重ねるにつれ、その土地ならではのものが食べられる店を選択するようになりました。検索方法はやはり主に口コミで、宿泊施設の方や地域の人がおすすめする店を訪れるようになりました。この頃から、大衆食堂や居酒屋などにも一人で行けるようになりました。常連さんが多そうな店ではなく、観光客が多そうな店を選択することが、コツです。

その見分け方は、SNS。投稿を通して、店のリアルな雰囲気を知ることができます。且つ、「SNSで発信をしている=外からのお客様も歓迎」ということなので、ふらっと訪れた新規のお客様にも優しいという印象が…。気になる店を見つけたら、訪れる前にSNSをチェックしてみてください。

そして現在は、散策中に気になった店にふらっと入るという形で、食事先を決めています。例えば、「外観が素敵だ」とか、「看板に気になるメニューがある」など、本当に直感です。お店の情報がほとんどない状態なので、「ちょっと失敗したな」「え。高い」と思うこともありますが、それも旅の思い出の一つとなっています。

一人でも挑戦しやすい!食事先ランキング

という私の体験を踏まえて、一人でも入りやすい食事処ランキングをご紹介します。是非、参考にしてみてください。

1位 宿泊施設の食事処

面白味がないと思った方、申し訳ありません。宿泊施設の食事処を利用すれば、新たな店を検索する必要はなく、その土地の美味しい食事を楽しむことができます。食事付の宿泊プランとして売り出されている施設も多いので、それを活用することもおすすめです。一人旅初心者の方でも安心して食事を楽しむことができる場所です。

2位 カフェ

前項でもご紹介しましたが、女性一人でも訪れやすい食事処になります。メニューも一人用のセットが組まれていることが多く、ランチ・ディナーともにお得な価格でバランスの良い食事を楽しむことができます。おしゃれな雰囲気の店を選択すれば、気分もより盛り上がります。是非、お気に入りの場所を見つけてみてください。

3位 名物が食べられるお店

その土地の名物が食べられるお店も、一人でも訪れやすい場所となります。その理由は、観光で訪れる方が多いからです。地域の方がよく訪れる店の場合、一人で食事をしていると浮いてしまうということがありますが、観光客が多い店の場合だとその一人として、不思議と馴染んでしまうことが多いです。

地域の方でその土地の名物を食べにくる方は、実はほとんどいないと思われます。(私自身も愛知県の名物とされている味噌煮込みうどんやひつまぶしは、年に1度口にする程度です。)その土地の名物が食べられる店も、一人旅の食事先の候補に良いのではと思います。

旅の想像をしてみよう

今回は、食事先の決め方についてご紹介しました。事前に食事先を何となく決めておくことで、安心して旅を楽しめるようになります。

まずは、想像することから。自分に合った食事先を探してみてはいかがでしょうか。

写真・文/南谷有美
フリーランス カメラマン。名古屋を拠点に仕事をしていたが、2018年から各地を巡る旅人に。訪れた地域やワーケーションに関する情報などを、発信している。