ライフスタイル 度ありも度なしも需要増!コロナ禍でメガネの購入が増えている理由

10月10日は「目の愛護デー」です。新型コロナウイルスによるステイホームの影響により、スマートフォンをみる時間が増えている人が多いと思いますが、この1年でメガネなどのニーズは上がっているのでしょうか?

コロナ禍でニーズが上がる「ブルーライトカット仕様」

株式会社ジンズがメガネの実態調査を取りまとめた「メガネ白書2021」によると、この1年で「度ありメガネ」を1本以上購入した人は41.3%。一方、「度なしメガネ」を購入した人も44.7%にのぼることが分かりました(サングラスはのぞく)。

一昔前よりもメガネの価格が安くなっているのも、購入する人が増えた理由でしょうか。

またこの1年でメガネを購入した人を対象に「人生で初めて購入したメガネですか?」と尋ねたところ、「度ありメガネ」の購入者のうち30.8%が「はい」と回答。一方「度なしメガネ」は39.3%が「はい」と回答していることが分かりました。コロナ禍のこの1年、やはりメガネのニーズは各段に上がっているといえそうです。

なぜ、メガネのニーズが上がっているのでしょうか?同調査ではまず「最も使用しているメガネに備わっている機能」について尋ねたところ、度ありメガネと度なしメガネそれぞれ1位となったのは「ブルーライトカット」でした。

ブルーライトは波長が380~500nm(ナノメートル)の青色の光で、人が見ることができる光の中でもっともエネルギーの強い光です。LEDを使用したパソコンやスマートフォンから多く発生しますが、視界のちらつきや目の疲れ、さらには睡眠障害の原因になると言われています。そのため、ブルーライトをカットするメガネやコンタクトなどが多く販売されており、目が悪くない人でもブルーライトカットメガネを着用するケースが増えているようです。

1 2