ライフスタイル 度ありも度なしも需要増!コロナ禍でメガネの購入が増えている理由

度ありメガネを購入した目的で一番多いのは「在宅時間の増加」

つまり、コロナ禍で度なしメガネを購入した人が増えているのも、ブルーライトカットメガネのニーズが高まっているからではないでしょうか?

そこで同調査では「この1年でメガネの使用時間が増えた」と回答した人を対象に、増えた理由についてアンケートを実施。その結果は以下の通りとなりました。

目が悪くなくてもパソコンやスマートフォンのブルーライトをカットするために、メガネをする人が増えているようです。

やはり度なしメガネを購入した人で一番多かったのは「パソコンやスマートフォンをみる機会が増えたたため」(65.2%)。一方度なしメガネを購入した人で一番多かった意見は、「在宅時間が増えたため」となりました(52.3%)。

なぜ在宅時間が増えるとメガネの使用時間が増えるのか?一見分かりにくいように感じますが、これは23.2%の人が回答した「コンタクトレンズの着用が減った/やめたため」「人と会う機会が減ったため」に紐づいているような気がします。メガネではなくコンタクトレンズを着用する理由は人によってさまざまだと思いますが、「メガネが似合わない」「(外見的に)メガネをしたくない」という人は少なくありません。しかし在宅の時間が増えることで人と会わないので、わざわざコンタクトをする必要がない。その結果、メガネを購入する人が増えているのではないでしょうか?

メガネ姿に自信が持てない女性は少なくないようです。

ちなみに使わなくなったメガネは購入先のメガネ店などに持っていくと、回収してリサイクルに活用してくれるお店が増えています。家庭ごみとして処分する前に、ぜひこういった方法も試してみてください。

【調査概要】
調査主体:JINS
調査名:メガネに関する実態調査        
調査方法:インターネットによるアンケート調査
実施期間:2021年9月2日(木)~9月6日(月) 
調査対象:全国の20~60歳代男女のメガネ使用者※(メガネの度あり・度なし問わず)
調査数:1243名

1 2