ライフスタイル チームラボのアート空間で食べられるヴィーガンラーメンは、見た目も食べごたえも満点♪

豊洲にあるアート空間「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」の屋外フードスタンドが、2021年10月8日にリニューアルしました。ここで食べられるのが、見た目も美しいこだわりのヴィーガンラーメンです。しかも、アート空間で、自分自身もアート作品の一部になってラーメンが食べられます。芸術と食欲の秋を一緒に楽しめるなんて魅力的ですね。

アートのようなヴィーガンラーメンをアート空間で

ヴィーガンラーメン花(冷) 1,980円(税込み)※チームラボプラネッツ限定

チームラボの幻想的なアート空間でヴィーガンラーメンが食べられると京都で話題を集めた「Vegan Ramen UZU」が、チームラボプラネッツ TOKYO DMMにもオープンしました。

新たなアート作品「虚像反転無分別」や「空と火のためのロングテーブル」でも、ヴィーガンラーメンを食べることができ、食べている自分自身もアートの一部になったような没入感が楽しめます。しかも、ヴィーガンラーメンもまるでアートのようです。

2021年7月に公開された作品「Floating Flower Garden」を想起させる、世界中のシェフも注目する梶谷農園のエディブルフラワーを贅沢にあしらった「ヴィーガンラーメン花」は、チームラボプラネッツ限定販売で、取り扱い数量も限定です。

こちらは、冷たいスープで、清涼感のあるラーメン。自家製の中太麺は、北海道産の小麦をベースに有機農業の町、宮崎県綾町の無農薬全粒粉を加えた風味豊かなツルツル食感に仕上がっています。ここでしか食べられないだけでなく、数量限定のため、筆者が行ったときには、すでに完売でした。

ヴィーガンラーメン茶 1,650円(税込み)※チームラボプラネッツ限定

筆者が食べたのは、「Vegan Ramen UZU Tokyo」のもうひとつの限定ラーメンの「ヴィーガンラーメン茶」です。「EN TEA」の“日茶”(微粉末状の溶かして飲む緑茶商品)を使用し、緑茶色のスープが目を引きます。

EN TEAとは、お茶を飲む人も作る人も大切にし、妥協しない茶づくりにこだわっているブランドで、こだわりのお茶がスープに使用されています。

すべてのラーメン共通である羅臼昆布と国産椎茸に玉ねぎ、セロリ、生姜、ニンニクなどを加え12時間じっくり水出ししたあと、低温で煮だしたスープに、うま味たっぷりの茶葉がミックスされ、味わい深かったです。

ヴィーガンと聞いて、もっと和食っぽいスープになるのかなと想像していましたが、いい意味で期待を裏切るおいしさでした。自家製の中太麺は、少し平打ちのタイプでお茶のスープがしっかりからみ、もちもち食感。麺のゆで時間を調整し、この食感が続くようにしているそう。麺が自家製だからこそ実現できたそうです。食べ応えがあって、大満足の一杯でした。

1 2