ライフスタイル 『テン・ゴーカイジャー』主演・小澤亮太の素顔とは?「小物はポーチに全部収納。センサイジャーです」

スーパー戦隊「海賊戦隊ゴーカイジャー」が人気を博したのは10年前。なんとオリジナルメンバーが全員揃ったうえで、10年ぶりにVシネクスト『テン・ゴーカイジャー』として11月に蘇ります! そこで主演を務めるキャプテン・マーベラス役の俳優・小澤亮太さんに、作品に込めた想いやプライベートの過ごし方、好きなタイプについてなどたくさんお話を伺い、派手に盛り上がったインタビューをお届けします。

あらためてマーベラスを演じることが決まってからの想い、最近の趣味の話は前半をご覧ください。

小澤亮太(おざわりょうた)
1988年1月25日生まれの33歳、千葉県出身。2011年、ドラマ初出演及び初主演を果たした「海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイレッド/キャプテン・マーベラス役でブレイク。以降、舞台「飛龍伝 2020」「ナナマル サンバツ THE QUIZ STAGE O(オー)」ほか、映画・ドラマ・舞台などで幅広く活躍中。

久しぶりにゴーカイジャー6人が集結!

「久々にメンバーに会ったんですけど、衣装合わせをしていたら一瞬であの当時のテンションに戻ったんですよ。もう家族みたいな絆があって…」

大きな目をキラキラさせながら語る小澤亮太さんがリーダー・レッドの戦隊ヒーローを演じる『テン・ゴーカイジャー』が間もなく上映開始。今回、『海賊戦隊ゴーカイジャー』の仲間が再集結し、新たな作品が製作されて話題となっています。

「実はメンバーとはゴーカイジャーのLINEグループがあるんです。何かあると誰かがそこにメッセージを入れたり。ときどき連絡は取り合っていたんですが、実際に合うのは本当に久しぶりで。仲間たちと再開したときは、お互いの体形のチェックから入りましたが(笑)、撮影に入ったら、息がぴったりでしたね」

11/12から上映開始予定の『テン・ゴーカイジャー』

『海賊戦隊ゴーカイジャー』は、スーパー戦隊シリーズ35周年を記念した作品。2011年から放送が開始され、“海賊”という今までになかったアウトロー的な設定が女性ファンの心を捉えました。小澤さんが演じるのは、チームのリーダーでレッド、キャプテン・マーベラスという役どころ。自身と重なる部分はあるのでしょうか?

「マーベラスは海賊のリーダーですから、どっしりとしているんですね。6人の中では一番年上だったので、ある程度自分が仕切らなくてはいけないという、リーダーとしての責任は感じていましたよね。

マーベラスというキャラクターは、あまり多くは語らないけれど、仲間を思う愛情深さがある。照れ屋だから言葉では表せなくて『察しろっ!』っていう、察しろ系男子です(笑)。そこは、自分と重なる部分がありますね。

マイペースで自由なところも、昔からの友人に言わせると『おまえそのまんまだね』って。

『派手に行くぜ!』とか決め台詞を言うし、見た目は海賊だからオラオラ系に思われますが、僕自身はそこまでオラオラしていません(笑)」

そう言って照れ笑いする小澤さんですが、今回の作品で感じてほしいことがあるといいます。

不安な世の中で「人と人との絆」を感じて欲しい

「10年後の『ゴーカイジャー』は、現在の世界とリンクしていると思うんですよ。コロナ禍という不安な世の中で、外出していいのかとか、友達と遊んでいいのかとか、何が正解かわからない世界になってしまって、みんな不安を抱えていますよね。

この作品でも現在と同じような不安な世界が舞台になっていて、そこがリンクしてくると思うんです。何が正解かわからない世の中で、やっぱり大事なのは、人と人との繋がりなんだって感じられるんじゃないかって。

今回再集結して、チームの絆も改めて感じましたね」

実は「センサイジャー」って呼ばれているらしい

キャプテン・マーベラスのお話を聞いていると、頼りがいのある兄貴という感じがするのですが、実際の小澤さんは、ちょっと違うようです。

「普段は、お腹を壊しやすいので薬を入れたポーチを持ち歩いたりして、結構繊細なところもあるんです。用意周到でね、小さなポーチにハンドクリームや目薬、リップクリームなんか入れて。コロナ禍になってからは、消毒液も必ず持ち歩いています。バッグの中はポーチだらけで、スタッフさんから『センサイジャー』って言われたこともあります(笑)」。

こう見えて意外と繊細な一面も… 。

「必要なものをポーチに入れておけば、鞄を変えたときにそれをひょいっと入れれば、地方ロケのときにも便利ですしね。ポーチはお気に入りの『名探偵コナン』のキャラクター・安室透のイラスト入りのものを使っています。

コナンが昔から大好きで、フィギュアも集めていますね。椅子に座っているコナン君とか安室透、怪盗キッドとか。自宅のトイレに飾っています」

本人私物。 後ろのポーチがさりげなく「名探偵コナン」の安室バージョン。

「部屋はかなりキレイなほうだと思います。実は、引っ越しして以来、いまだに人を入れたことがなくって。昔はよく仲間を呼んで鍋パーティーしていたこともあったんですけど、家は自分の領域だから、オンとオフって感じがして。部屋で静かにゲームをしていることが多いです(笑)。

リビングのテーブルとイスに座ってずーっとゲームをしているんですが、体が疲れるんですよね。なのでいまは、部屋でリラックスしてくつろげるソファーが欲しいです」

ちなみに…ルカとアイム、どっちが好み?

ゴーカイジャーの2大女性キャラクター『男勝りなイエロー・ルカ』と、『お姫様キャラのピンク・アイム』。好みのタイプを訪ねてみると――。

「対照的なキャラクターなんですよね。どっちか、と言ったらルカかなぁ。しっかり者で、ひとりで何でもやってくれそうな感じで楽そう(笑)。自分が頼られるというよりは、刺激をくれる相手がいいですよね。自分が知らない世界を教えてくれるほうが楽しいと思います」

女性に言われて嬉しいひと言とは?

チームのリーダーとしてゴーカイジャーの仲間たちを引っ張る小澤さんですが、女性に言われたら嬉しいと思うフレーズについても聞いてみました。

「えっと、難しいですねえ…。なんだろう(しばらく考え込む)。

女性には、一緒にいて落ち着くねっていわれたら、すごく嬉しいですね。言われたことないですけど(笑)」

@DIMEでは、小澤亮太さんがさらに『テン・ゴーカイジャー』について語っています。こちらもぜひご覧ください。

Vシネクスト『テン・ゴーカイジャー』

2021年11月12日(金)より 期間限定上映
出演:小澤亮太 山田裕貴 市道真央 清水一希 小池唯 池田純矢
原作:八手三郎 脚本:荒川稔久 監督:中澤祥次郎
配給:東映ビデオ 上映時間:61分 製作年:2021年
https://www.toei-video.co.jp/10-gokaiger/
(C)2021 東映ビデオ・東映AG・バンダイ・東映
(C)石森プロ・東映 配給:東映ビデオ

撮影/深山徳幸
取材・文/望田真紀