ライフスタイル 最新機種の発売にあわせ、女性視点で改めて紹介!『Apple Watch』って何がいいの?

女性が使いやすく、毎日がちょっと楽しく便利になるデジタルガジェットを、ライターの太田百合子さんが解説! 豊富な知識を自腹買いであれこれ試した経験からガチのオススメを紹介します。

★★★

アップルから『Apple Watch Series7』が発売になりました。よく「『Apple Watch』って何がいいの?」と聞かれるのですが、できることがいろいろありすぎて、なかなかひと言では伝えきれません。そこで新機種の発売にあわせて、その魅力の一端を紹介できればと思います。新機種ならではの機能だけでなく、すでに発売中のお買い得なモデル『Apple Watch SE』や『Apple Watch Series 3』でできることも、あわせて紹介します。

『Apple Watch Series7』

最新機種『Apple Watch Series7』の進化ポイント

まずは新機種『Apple Watch Series7』について。新しくなったのは、従来のモデルと変わらないサイズ感をキープしながら、画面が大きく、見やすくなったこと。大小2つのサイズに加えて、素材やカラーのバリエーションが広がり、バンドも含めて好きな組み合わせがいろいろ選べること。充電速度が速くなり、短い時間でもしっかり充電ができること。そして、防塵性能やガラスの強度が大幅にアップして、より頑丈になったことなど。これらが従来のモデルと比べたときの、主な進化点になります。特に画面が大きく見やすく、タッチ操作もしやすくなったのは、うれしいポイントです。

画面が大型化。タッチ操作しやすくなりました

最新モデル『Apple Watch Series7』(右)。『Apple Watch Series 3』(左)と比べると50%以上、『Apple Watch SE』や前モデルの『Apple Watch Series 6』(中央)と比べても約20%大きなディスプレイになっています。

充電速度がアップ!

専用の充電ケーブル(税込3850円)を使って短い時間で充電できます。入浴中に充電すれば、睡眠の記録もしっかりとれます。

ケース、バンドの種類がさらに豊富に

アルミニウムケースはミッドナイト、スターライト、グリーン、ブルー、(PRODUCT)REDの5色が選べます。

『Apple Watch』って何ができるの?

電話、メール、買い物をスマートに。 専用プランならiPhone が近くになくても OK!

『Apple Watch』は『iPhone』と一緒に使うデバイスです。残念ながらAndroidスマートフォンでは使えません。設定なども基本的には『iPhone』から行いますが、『Apple Watch Series7』や『Apple Watch SE』では「GPS+Cellular」というモデルも選べるようになっています。これを購入してキャリアの専用プランを契約すれば、近くに『iPhone』がなくても『Apple Watch』だけで電話をかけたり、通信ができるようになります。

専用プランには『iPhone』と同じ電話番号を『Apple Watch』でも使えるプランと、専用の電話番号が使えるプランがあり、前者はドコモ、au、ソフトバンク、後者はauで利用できます。

たとえば筆者の場合、ドコモで『iPhone』を使用していますが、その同じ電話番号を『Apple Watch』でも使える、ドコモの「ワンナンバーサービス」(月額550円)というプランを契約しています。だからもし『iPhone』を家に忘れて出掛けてしまっても、『Apple Watch』だけで電話やメールが受信できますし、「Apple Pay」も使えるのでSuicaやPASMOを使って電車に乗ったり、QRコード決済で買い物することもできます。

最近ではQRコード決済の「au PAY」も『Apple Watch』で使えるようになりました。

このように単独で使える「GPS+Cellularモデル」が選べるのが、『Apple Watch』の魅力の1つ目。「Apple Pay」やQRコード決済が使えて、これひとつで買い物までできてしまうのが、魅力の2つ目です。

3つ目は、豊富なウォッチフェイス。その日の気分やファッションにあわせて好きなデザインが選べるのは、アナログ時計にはない利点です。ウォッチフェイスには時計に加えて、いろんな情報を表示することもできます。たとえば活動量や天気、世界時計、予定等々。何を表示するかはデザインごとにカスタムできるしくみ。画面をパッと見るだけで、いろんな情報をひと目で把握できます。

ウォッチフェイスを気分でカスタムできる

「watchOS 8」で追加された新しいウォッチフェイスには、よりたくさんの情報を表示できるものもあります。
1 2