ライフスタイル 自然な甘さがいい!栄養面も頼れる最新グラノーラ&シリアル3選

朝、なんとなく食欲がないものの、何か栄養のあるものを食べたいというときはありませんか? しっかり体調管理したい気持ちは合っても、気分がついていかなかったり、太りたくないという思いがあったりしますよね。

とくにグラノーラやシリアルは、そんな朝食にピッタリ! でも、甘すぎるのはちょっと…という人も多いのでは?

そこで今回は、栄養もしっかり摂ることができる上に、甘すぎないグラノーラやシリアルの新商品を3つご紹介! それぞれのメーカーやブランドからのこだわりポイントも伺ったので、ぜひ取り入れてみてください。

栄養を美味しく摂取!甘すぎない大人のグラノーラ・シリアル3選

1.砂糖不使用で自然な甘さの糀グラノーラ!「ORYZAE MORNING(オリゼ モーニング)」

「ORYZAE MORNING」全7種 各1,080円(税込)

アグクルが手がけるインナービューティーフードブランド「フードコスメORYZAE」の新しいラインナップとして、糀グラノーラ「ORYZAE MORNING」全7種が2021年10月15日にオンラインで発売されました。

フードコスメORYZAEの商品にはすべて農薬化学肥料不使用の米麹を使用しており、このグラノーラも米麹を100%使用。砂糖不使用なので、米麹の自然な甘みが楽しめます。

糖質オフなのに加えて食物繊維がたっぷり。さらに小麦粉や小麦を一切使用していない、グルテンフリーなのも特徴です。とくに、コロナ太りに悩まされている人にとっては、嬉しいですね。

米麹の甘みだけで美味しく食べられる

フレーバーは全7種で、毎日、その日の気分に合わせて選べるのもポイント! 米麹とオートミールだけの素材を生かしたプレーンの他、チョコ、シード、バナナココナッツ、ドライフルーツ、アールグレイ、抹茶とバラエティ豊かです。

忙しい朝やおやつの時間に美味しく、太るのを気にせず、安心して食べられそうですね。

アグクルの担当者は、本商品で最もこだわったポイントについて次のように話します。

「最もこだわったポイントは、ORYZAE MORNINGを食べているだけで手軽に腸活ができるという点です。わたしたちは『日々の健康や美しさ=腸内の健康』と考えています。ORYZAE MORNINGは、米麹が持つ発酵成分とオートミールに含まれる豊富な食物繊維の組み合わせによって、腸内の健康を支えます。

忙しい毎日の朝食はもちろんのこと、小腹が空いたおやつタイムにも罪悪感なく楽しんでもらえたら嬉しいです」

ダイエット中にも良さそうなうえに、手軽に腸活もできる一石二鳥のグラノーラですね。

フードコスメORYZAE「ORYZAE MORNING」
https://oryzae.shop/collections/morning

2.オーツ麦をほどよい甘さと共に味わう「香ばしグラノーラ アーモンド&チョコクランチ」

カルビー「香ばしグラノーラ アーモンド&チョコクランチ」 オープン価格(想定価格 540円 税込)

2021年9月27日より、カルビーから発売された「香ばしグラノーラ アーモンド&チョコクランチ」は、オーツ麦の素材と香ばしさが楽しめるオリジナルグラノーラ生地と、ほどよい甘さで大人の味わいが楽しめるのが特徴のグラノーラ。

栄養価に優れているオーツ麦に着目し、そのオーツ麦の食感と風味を生かしてじっくり焼き上げて、オリジナルグラノーラ生地を新たに開発。トッピングにはクラッシュアーモンドやチョコクランチなど、こだわりの香ばし素材が使われています。

グラノーラのトッピングでよくあるドライフルーツを入れずに、ほどよい甘さで大人向けに仕上げられており、深い味わいを楽しめるのがポイントです。

普通にミルクなどをかけて食べるほか、アーモンドミルクをかけるのもおすすめだそう。また、コーヒーとの相性も抜群だそうですよ。忙しい朝だけでなく、ゆったりと過ごしたい自分だけの時間にも楽しめそうですね。

栄養として、1食分(50g)で8種のビタミンの1日必要量の3分の1(※栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)を1とした場合の割合)が摂取でき、さらに食物繊維と鉄分をたっぷりとることができるので、女性に嬉しいグラノーラですね。

カルビーの担当者に、本商品のこだわりポイントを伺いました。

「オーツ麦やアーモンドなどの素材の風味や食感を生かすために、グラノーラ生地の焼き加減や甘みの調節にこだわりました。焼き加減が弱いと、オーツ麦の食感に歯切れがなくなり、逆に焼きすぎると固くなりすぎてしまいます。

また、素材の風味を生かそうとして甘みを弱くしすぎると物足りなさを感じてしまうため、隠し味に醤油を加え、甘さを引き立てつつ後味に複雑味をつけ、噛みしめるほど深い味わいを実現しました」

焼き加減や甘み、隠し味の醤油と、隠れた工夫がきいているグラノーラ。ぜひ噛みしめながら味わいましょう。

カルビー「香ばしグラノーラ」
https://www.calbee.co.jp/koubashi-granola/

3.食物繊維たっぷり!「ほんのり甘い もち麦フレーク 黒糖味」

「ほんのり甘い もち麦フレーク 黒糖味」432円(税込)

はくばくから2021年9月1日に発売された「ほんの甘い もち麦フレーク 黒糖味」は、もち麦をフレークにした「はくばくのフレークシリーズ」の新商品。

はくばくが2019年に、全国300人へアンケートを行ったところ、50%が市販のグラノーラ・シリアル商品について「甘すぎる」と感じていたことが判明。

そんな声を受けて作られたのが、すでに販売されている、「あまくないもち麦フレーク」です。これは味がついておらず、全く甘くないタイプでしたが、「甘いタイプがあったら買ってみたい」というお客様の声に応えてこのたび新登場したのが、この黒糖味です。

ほんのり甘い黒糖味で続けやすくアレンジしやすい

浅焼き焙煎が香ばしくザクザクした食感が楽しいフレークで、黒糖のほんのり甘い味わいなので、飽きがきにくいのが特徴。続けやすく、アレンジもしやすいので、朝食だけでなく、おやつやサラダのトッピング等にも使いたくなります。

栄養としては、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく含んでいるもち麦をそのままフレークにしているので、1食(50g)で1日の目標摂取量の1/3以上(※日本人の食事摂取基準(2020年版)より 1日の食物繊維摂取目標量 男性21g/日 女性18g/日)の食物繊維7.6gを摂ることができるといいます。

はくばくの担当者は、本商品で最もこだわったポイントについて次のように話します。

「“からだにやさしく、からだにおいしい、シンプルなシリアル“をテーマに、『自然・安心・安全』な糖として良い印象のある国産の黒糖を使用し、“からだにおいしい”ほんのり甘い味わいに仕上げました。
はくばくのフレークシリーズは原材料として最低限必要なもの以外は入れない、シンプルさにこだわっています。本商品も、使用している原材料は食物繊維が豊富なもち麦と黒糖のみ。余計なものは入れずにシンプルに食物繊維を摂れる“からだにやさしい”フレークです」

余計なものはできるだけ摂りたくない!という人は、このシンプルなフレークが向いているかもしれません。

はくばく「はくばくのシリアル」
https://www.hakubaku.co.jp/brand/flakes/

*

最近発売された、新しいグラノーラやシリアルの中から、栄養がきちんと摂れるうえに、甘さ控えめで大人の味わいが楽しめるものを3つご紹介しました。
それぞれの特徴やこだわりをチェックして、ビビッときたものがあれば、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

取材・文/一ノ瀬聡子