ライフスタイル 目の前を中央線が駆け抜ける!『旧万世橋駅』を蘇らせた絶景スポットを全力で紹介

みなさん、神田にある「マーチエキュート神田万世橋」ってご存知でしょうか?鉄道ファンには有名な場所だそうですが、筆者は1年前くらいにたまたま訪れ、一瞬で心を奪われ、大ファンになってしまったスポットなのです。

何がステキかって、明治時代に建てられた“旧万世橋駅”を改装した商業施設なのです。当時のホームや階段がそのままに、ショップやカフェが立ち並び、電車が目の前を駆け抜けるのですよ。

新旧が混ざり合い、浪漫を感じる建物に知的好奇心をくすぐられるショップ…。今回はそんな筆者の大好きスポット「マーチエキュート神田万世橋」の魅力を、全力で紹介させていただきます!

旧万世橋駅って?

「万世橋駅」は、中央線の神田~御茶ノ水間にあった駅です。1912年に完成した赤レンガ造りの駅であり、開通した当時の駅周辺エリアは、銀座と並ぶほどの繁華街に成長し、賑わっていたのだそう。しかし、1923年9月1日の関東大震災で、初代の駅舎は焼失。残存した基礎を利用し、2代目駅舎が1925年に完成します。

1936年には、鉄道博物館が併設され、万世橋駅の駅舎は大幅に縮小。そして1943年、太平洋戦争激化の中、乗降客が減少したことにより、万世橋駅は休止になったとのだそう。1948年には鉄道博物館はその名を交通博物館と改めます。

交通博物館は70年にわたって、鉄道ファンや子供に愛され続けましたが、2006年に、施設の老朽化などの理由で閉館が決定。鉄道博物館として埼玉県さいたま市に場所を移して再出発します。

旧万世橋駅が「マーチエキュート神田万世橋」として蘇る!

そして2013年、旧万世橋駅は赤レンガ高架橋のアーチや、プラットホームだった部分をそのまま残し、建造物を最大限に生かした状態でリノベーションされ、「マーチエキュート神田万世橋」として蘇ったのです。

中に入ると、まるで駅構内を歩くような感じでありながら、さまざまなショップを見たり、カフェやバーでのんびりしたりできます。

旧万世橋駅で使われていた階段を登ってホームに上ると、開業時に作られたホーム部分が展望デッキとして蘇った『2013プラットホーム』があり、ガラス張りのデッキでは、すぐ横をJR中央線快速がど迫力で駆け抜けて行きます。旧万世橋駅の歴史をあちこちに感じつつ、個性的なショップやカフェが立ち並ぶ、この場所ならではの商業施設なのです!

2013プラットホーム

【魅力その1】電車が目の前を通る、ど迫力のレストラン!

かつて、万世橋駅のホームだった場所に立地するレストラン「プラチナフィッシュ」は、施設内にあるさまざまな魅力あるショップやカフェの中でも、最も注目して欲しいスポットのひとつ!新鮮なお魚を中心としたお料理や、電車をモチーフにしたドリンクなどを、線路の真ん中で味わえる、展望カフェレストランなのです。ガラス張りの店内の真横を、中央線がど迫力で駆け抜けます。

店内に入ると、駅のホームにテーブルが並んでいる状態!
中央線キター!!

ガラス張りの店内とテラス席とがあり、テラス席の1番前は本当にホームの先端です。

テラス席の一番前に座った景色です。
テラス席の1番前から店内を眺めた景色

休日は特に子供連れのお客様が多いとのことで、電車をモチーフにしたお皿に乗った、「お子様トレインプレート」(税込1,000円)が子供たちに人気だそう。

オムライスプレート(税込1,000円)

子供たちには無料で車掌さんの気分を味わえる制服の貸し出しもしており、人気のサービスとのこと。

窓に連なる制服たち
大人用には帽子があります。

“電車が見える”ことが注目されがちなレストランの「プラチナフィッシュ」ですが、お料理も手が込んでいます。ランチタイムにオススメの「ハンバーグプレート」はジューシーで食べ応えのある、牛肉100%のハンバーグに、オシャレなクスクスとカラフル野菜の副菜。サッパリしたにんじんサラダにスープが付き、ライスかバケットが選ベ、盛りだくさんなランチセットです。

ハンバーグプレート(税込900円)

プラチナフィッシュで店長を務める大野さんは、鉄道マニアではありませんでしたが、お店にくる子供たちに色々と教わり、鉄道に関してずいぶん詳しくなったそうです。

店長の大野さん
「線路の真ん中でご飯食べててすみません!」という気持ちになるのも楽しい…
1 2