ライフスタイル ヨーグルトマニアが教える!市販のヨーグルトの絶品アレンジレシピ4選

食欲の秋! ごはんもスイーツも美味しい季節ですが、おうち時間が増える中、ちょっとだけいつものフードをアレンジして楽しんでみませんか。

今回使うのは、ヨーグルト。発酵食品ブームもあり、食べる回数が増えた人も多いかもしれません。市販のヨーグルトをうまくアレンジすることで、さらにおいしいヨーグルトができてしまうんです。

!?ヨーグルトの簡単アレンジでこんなケーキまで!?

そこで今回は、カップヨーグルト研究会として活動する、ヨーグルトマニアの向井智香さんが考案した、4つのヨーグルトアレンジレシピをご紹介します。

市販のヨーグルトを使ったヨーグルトアレンジレシピ4選

1.「ギリシャヨーグルトのハニーバター餃子」

「余りがちな餃子の皮で簡単ひとくちスイーツが作れるレシピです。焼いているときからはちみつとバターのいい香りが漂ってきます。

パリパリの皮から甘くクリーミーなギリシャヨーグルトが、むにゅっと出てくる幸福感がたまりません!

ヨーグルトをトッピングすれば、冷×熱の温度差も加わり、食べながら五感がフル活用できるスイーツの完成です。

焼き上がってから時間が経つと、ヨーグルトの水分が生地に染み込み、パリパリではなくモチモチの質感に変わりますので、お好みでお楽しみください」(向井さん)

「ギリシャヨーグルトのハニーバター餃子」
材料(5個分)
・「ギリシャヨーグルト パルテノ はちみつ入」(森永乳業)1個
・砂糖 小さじ1.5程度
・餃子の皮 5枚程度
・バター 適量

作り方
①ヨーグルトと、ヨーグルト添付のはちみつを混ぜ合わせる。
② ①に砂糖を追加し、しっかりとした甘さが感じられる程度に調整する。
③餃子の皮で②を包む。
このとき、ヨーグルトは使い切らずに少し残しておく。
④包み終えた餃子の皮に溶かしバターをハケでたっぷり塗る。
⑤オーブントースターでこんがり色づくまで焼いて完成!

※焼きたては、中のヨーグルトが熱くなっているので注意を。

2.「大豆ヨーグルト入り赤だし味噌汁」

「お食事のお供に腸活味噌汁はいかがですか。味噌×大豆ヨーグルトのダブル発酵大豆食品の組み合わせは相性抜群!

強めの塩味が特徴の赤だしが、大豆の甘みとコクで中和され、優しい味わいに変化します。豆腐を入れてトリプル大豆を楽しんだり、具なしで上からネギを散らしてみたりとアレンジも無限大。

お味噌汁はインスタントでもOK。大豆で作ったヨーグルトを注いだら、あまりかき混ぜず、具の一部として楽しむのがおすすめです」(向井さん)

「大豆ヨーグルト入り赤だし味噌汁」
材料(1杯分)
・赤だし味噌汁 1食分
・「フジッコ 大豆で作ったヨーグルト」(フジッコ) 適量

作り方
①お好みの具材で赤だしの味噌汁を作る。
②ヨーグルトをかき混ぜてねばりを出し、スプーンでたっぷり注げば完成。

3.「アプリコットヨーグルト蒸しパン」

「牛乳の代わりにベルギーヨーグルトを使うことで生地はもっちり。ほんのりオレンジ色に染まり、小さな果肉にも出会えるほかほかの蒸しパンは、小腹が空いた時にもピッタリです。

このヨーグルトは、アプリコットのソースがヨーグルトと分かれて入っているので、ひと混ぜするごとに香りが立ち、お料理の時間から幸せに包まれます」(向井さん)

「アプリコットヨーグルト蒸しパン」
材料(小型のマフィン型6個分)
・ホットケーキミックス 110g
・卵 M1個
・「ベルギーヨーグルト ピュアナチュール アプリコット」(カネカ) 1個

作り方
①材料を全て混ぜ合わせる。
②電子レンジ対応の型に移して600Wで2分チンする。
③竹串を刺して生地がついてこなければ完成。

※熱いので、少し冷ましてから取り出してください。
※ホットケーキミックスの分量や電子レンジの時間は、メーカーによって調整してください。

4.「アーモンドミルクヨーグルトのダルゴナコーヒー」

「牛乳の上にホイップしたコーヒーを乗せた、二層仕立ての韓国発ドリンク、ダルゴナコーヒー。

牛乳の代わりにアーモンドミルクヨーグルトで作ると、アーモンドとコーヒーの香ばしさが共演する一味違った風味に仕上がります。

ビタミンEや食物繊維、乳酸菌も摂れてとってもヘルシー。牛乳のヨーグルトではむずかしかったコーヒーとのマッチングも、アーモンドミルクなら失敗なし。

ホットで楽しむ際は、乳酸菌が死滅してしまわぬよう、ヨーグルトの加熱は人肌程度までにするのがポイントです」(向井さん)

「アーモンドミルクヨーグルトのダルゴナコーヒー」
材料(2杯分)
・インスタントコーヒー(粉末) 2杯分
・砂糖 大さじ2程度
・熱湯 少々
・「アーモンドミルクヨーグルト」(国分フードクリエイト) 150ml

作り方
①深めの耐熱カップを使い、インスタントコーヒー(粉末)と砂糖を合わせ、少量の熱湯を注ぐ。
②ミルクフォーマーで①をしっかり泡立てる。
③ヨーグルトをよくかき混ぜてコップに注ぐ。
④③の上に②をスプーンでそっと乗せて完成。

※泡立てる際は周囲に飛び散ることを防ぐため、深めのマグカップなどを使用し、必ずコーヒーにミルクフォーマーが浸かった状態で回し始めてください。泡立て終わったら、フォーマを停止してから取り出してください。(ミルクフォーマーが回転している状態で液体から出し入れすると激しく飛び散ります)

*

どれも斬新なアイデアなのに、簡単にできるアレンジレシピばかり! スーパーなどで気になるヨーグルトを見つけたら、トライしてみましょう。

【取材協力】

向井智香(むかい・ちか)さん
別名、カップヨーグルト研究会。日本中のヨーグルトを食べ尽くすヨーグルトマニア。2021年9月現在で商品レビュー数は2,100種類以上!牧場・工場見学などの知見を生かした講演会やワークショップ、TV・ラジオなどのメディア出演をとおし、ヨーグルトのファン作りに励む。
Instagram:https://instagram.com/yoghurt_freak
Tumblr:https://yoghurt.love/

取材・文/一ノ瀬聡子