ライフスタイル 糖質オフのパスタっておいしいの…? こんにゃくや豆から作られた市販の3品を食べてみた結果

パスタ料理は女性に特に人気がありますが、カロリーや糖質が気になりますよね…。今、ヘルシーに食べられて、食物繊維が豊富など健康面も考慮されたパスタが続々と登場しています。気にはなるけど、一袋買うのはちょっと不安…と言う方もいらっしゃると思うので、早速市販の3品を試食してみました。いつもと違うパスタを食べてみたい方も、ぜひ参考にしてみてください!

発売以来、売り上げはずっと右肩上がり!そのお味は?

「蒟蒻効果」

スーパーでも手に入りやすい「蒟蒻効果」。上が400g、下が大容量の640gです

はじめにご紹介するのは、小麦粉や天ぷら粉でおなじみの昭和産業が発売する「蒟蒻効果」です。こちらはデュラム小麦のセモリナに加えて、グルコマンナンも入ったパスタ麺です。

グルコマンナンとはこんにゃくの主成分である食物繊維の一種。胃の中で水を吸って膨れる性質があり、食欲を抑える働きや、糖やコレステロールの吸収を抑える働きがあります。

「蒟蒻効果」は低糖質な食生活の市場拡大に応えて 2017年9月に発売を開始し、以降売り上げはずっと右肩上がり。今年の9月より大容量(640g)サイズも新発売となりました。

糖質1/4 カット、食物繊維は必要摂取量の1/2 日分入り!

こんにゃく芋由来の「グルコマンナンの高い吸水性」を活かして、1食で糖質1/4 カット(※1)を実現しています。また、1日に必要な食物繊維の半分(約10g)(※2)を摂取できます。

(※1)1食分(乾麺80g)あたり、同社従来品スパゲティ1食分(100g)との比較。
(※2)栄養素等表示基準値(18 歳以上、基準熱量 2200kcal)19g以上/日

栄養成分表示

茹でると80gで小麦のパスタ100gと同じ重量に!

高い吸水性により、本製品 80gで同社従来品のデュラム小麦パスタ 100g のパスタと同じゆで上がり重量になります。味わいもデュラム小麦パスタに近い風味で、ぷりぷりとした食感やのど越しの良さも実現したそうです。

400gタイプをお皿に出しました。1.6mm相当の太さで、見た目は普通のパスタ麺と全く変わりません。80gごとに束ねられています。※大容量サイズは計量が必要です。
12分間しっかりと茹でます。茹でている時も絡まったりくっついたりすることもありません。茹で上がり直後の麺も、見た目はいつものパスタ麺のようです。
市販の海老のトマトクリームソースをかけていただきます!

柔らかいタイプですが、麺はもちもちと噛み応えがあり、プリプリとした食感もあります。このように噛む回数が増えることも、さらに満腹感に繋がりそうですね。

小麦の風味を重視したい方には、小麦感がややもの足りないかもしれませんが、いつも食べているパスタと同じように作ることができて、ヘルシーなのは魅力的に感じました。

濃厚なソースもしっかり絡みました!

「今日はいつもより健康的にパスタを食べたい!」という時に、ひとつ常備してあると便利ですよ!

サラダにも便利なマカロニタイプも販売されています!

「蒟蒻効果」は市販のソースに合わせやすいほか、公式サイトでは「蒟蒻効果」を使ったレシピも公開されているので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

■「蒟蒻効果」(グルコマンナン入りパスタ)
参考価格:400g 387 円、640g 540円、マカロニタイプ(120g)188円 
販売店:全国の取り扱い各店

メーカーのおすすめレシピ(パスタ編)
「ブイヤベース風パスタ」「マカロニのチキンボロネーゼ」など、蒟蒻効果を使ったメニューを掲載中。

原材料は黄えんどう豆オンリー!

「ZENB NOODLE」

珍しい黄えんどう豆のパスタです!

次にご紹介する「ZENB NOODLE」は、うす皮までまるごと黄えんどう豆100%で作られているパスタ麺です。黄えんどう豆は、北欧やロシア、ギリシャなどで伝統的に食べられてきた食材だそうです。最近では大豆ミートなどのように、植物性たんぱく質が摂れる食材として注目されているそう!

低GI食品で、食物繊維も豊富!

1食(ゆであがり約200g)で、1日に摂りたい食物繊維の1/2以上の14.2gを摂取でき、糖質は36.2g(※1)。低GI食品です(※2)。

(※1、2)一般的なパスタ(ゆであがり約200g)の糖質は58.4g。GIは食品に含まれる糖質の吸収度合いを示す値で、GI値が低いほど糖質の吸収が穏やかになります(ZENB NOODLE同封のパンフレットより)。

栄養成分表示。 一般的なパスタと比べ糖質が低いです。

やきそば、汁麺などアレンジ自在!

ZENB NOODLEの公式サイトには、おすすめレシピが100種以上掲載されています。

おそばのように食べたり、焼きそばにしたり、たまごかけヌードルとして食べたり、シンプルなものから手の込んだレシピまでアレンジ自在で、パスタ以外にも楽しみ方がたくさんあります。ゆで汁からスープを作ることもできるそうです!

今回筆者は、野菜ソースも一緒になった「ヌードル4食(1袋)+ソース4食(4種×1袋)セット」(1984円)をネットで注文しました!

解説書やレシピも入っています!
麺は80g×4束です。通常のパスタよりもかなり黄色みがかっています
ソースは「ミニトマトの濃厚ソース」、「ミニトマトのアーリオ・オーリオ」、「きのこのベジクリームソース」、「きのこのベジラグーソース」の4種です。

麺は6分間を目安に茹でますが、まるでおそばを茹でた時のようなねっとりとした茹で汁になりました(電子レンジでも調理可能です)。

「ミニトマトの濃厚ソース」でいただきました!

麺をひとくち口に含んで感じたのが、「本当に豆の味のみ!」ということです!原材料は黄えんどう豆のみですので当たり前ではありますが、噛むごとにほくほくした豆の味がしっかりと伝わってきます。濃厚な豆の味で、うす皮由来と思われる苦みも感じるほどです。

このように麺自体が濃厚なので、甘みと酸味のあるトマトソースがうまく中和してくれます。ソースは生のミニトマトを使って作られており、トマトの皮まで美味しく食べられました。

ただ、麺がやや切れやすいことが気になりました。かなり濃い豆の味がするので、お豆が大好きな方におすすめします。

【ZENB NOODLE通販サイト】
https://zenb.jp/pages/noodle

日本のスーパーフード大豆をおいしく!

「大豆がパスタになりました」

半生「リングイネ」タイプのパスタ麺です

最後に、小麦粉は不使用で大豆粉を使用したパスタ麺、ハウス食品の「大豆がパスタになりました」をご紹介します。ユニークでわかりやすい商品名ですね。今年1月に数量限定で発売されたところ好評につき、9月15日より、日用品ショッピングサイトの「LOHACO(ロハコ)」と一部の量販店で再度販売が開始されました。

1 2