ライフスタイル 【掃除のプロ直伝】100均で作る超優秀な掃除道具を紹介!ハンガー+ストッキングでキレイになっちゃう…?

みなさん、隙間ってちゃんと掃除していますか〜?目につくところの掃除はすぐにできるものの、隙間や高いところなど、手が届きにくい場所の掃除って放置してしまいませんか…?

筆者は冷蔵庫の下や裏側の狭い隙間とか、サーキュレーターの隙間とか、高いところのホコリは見て見ぬふりをしてしまいます。しかし、今回はそんな面倒な場所でも、簡単にキレイにできる掃除道具の作り方を掃除のプロにご教授いただきました!しかも100均ですべて揃うんです!そんな超便利な掃除道具4つをご紹介します!

100均で作れる超優秀掃除道具4つ!

教えていただいたのは健康を守るお掃除士/医療環境管理士の松本忠男先生。先生は、35年間、病院の環境衛生に携わってこられたお掃除のプロ。これまで育ててきた清掃スタッフの総数は700人以上という実績。『林修の今でしょ!講座 』や『モーニングショー』等、TV番組をはじめとしたさまざまなメディアでも注目されている方なのです。

健康を守るお掃除士/医療環境管理士 松本忠男先生

せま〜い隙間掃除にはハンガーとストッキング

まず教えていただいたのは、冷蔵庫などの下のせま〜い隙間を掃除するアイテム!

用意するのはハンガーとストッキングです。

ハンガーとストッキングふたつの道具を用意したら、ハンガーにストッキングをかぶせます。

このように…

そしてポイントは、掃除する前に出来るだけストッキングをこすって、静電気を起こすこと。静電気によって、ホコリがくっついてくれるのだそう。

ゴシゴシ‼

いざ隙間へ挿入!ホコリが本当に汚いので、隙間の画像は自粛します…。ストッキングを取り出すと…おおっ!

白く見えるところが全部ホコリです。

黒いストッキングなので、ホコリがよく見えます!わ〜すごい!前回、松本先生にご教授いただいた「一方向拭き」で行います。「一方向拭き」に関してはこちら。冷蔵庫の下と裏がキレイになりました!スッキリ〜。

高い所は突っ張り棒とストッキング

続いては、高いところなどに便利なアイテムを伝授していただきました!用意するものは、つっぱり棒といらないタオル、そしてまたまたストッキング!

タオル、つっぱり棒、ストッキングを用意

まずつっぱり棒の上半分にタオルを巻きつけます。

くるくる。(見えているのは上半分です)

そしてストッキングをかぶせる!

完成!
仕上げはハンガーと同様に、静電気を起こすためにゴシゴシ!!

ホコリっぽい壁の上をスッとしてみます。

ああ〜!!こんなに!!(白い部分がホコリです)

掃除が終わったらストッキングだけクルッと外してポイ!土台は再び使えるとのことです。

ポイ!
1 2