ライフスタイル Google『Pixel 6』がスゴイ!驚きのカメラ性能、文字起こし、LINE の自動翻訳も

Googleから『Google Pixel 6』と『Google Pixel 6 Pro』が発売になりました。スマートフォン向けのAndroid OSを提供しているGoogleが、自ら手がける5G対応のスマートフォン。最新のAndroid OSが使えるのはもちろんですが、『iPhone』を含むほかのスマートフォンにはない、かなりスゴイ機能が搭載されています。

Googleのスマートフォン『Pixel 6』と『Pixel 6 Pro』。2021年10月28日に発売された。

まずは外観をチェック

まずは外観からチェックしていきましょう。『Pixel 6』は6.4インチ、『Pixel 6 Pro』は6.7インチの有機ELディスプレイを採用しています。ディスプレイの大きさにあわせて、サイズもやや大きめ。どちらも重さが200g超となかなかヘビー級ですが、その分バッテリーも大きく、電池切れを心配せずに持ち歩けます。なお充電はワイヤレス充電や急速充電にも対応しています。

背面にはカメラが収まっている黒い「カメラバー」があり、その上下で色が異なるツートンのデザインを採用。ほかのスマートフォンにはない個性的なカラーリングが可愛いです。

『Pixel 6』はStormy Black(左)、Sorta Seafoam(中央)、Kinda Coral(右)の3色。
『Pixel 6 Pro』はStormy Black(左)、Sorta Sunny(中央)、Cloudy White(右)の3色。

なお最新のAndroid OSである「Android 12」には、ホーム画面の壁紙の色合いにあわせて、スマートフォンのアイコンやウィジェット(ホーム画面に表示できる時計などのミニアプリ)、設定画面の背景だったり、キーボードの色だったりを統一したカラーに変えられる機能が備わっています。このカラーの基本トーンは『Pixel 6』や『Pixel 6 Pro』のカラーにもマッチするように考えられているので、外側と内側をあわせてコーディネートできます。

外(ハード)と中(ソフトウェア)をコーディネートできる。
壁紙のトーンにあわせてアイコンやウィジェットをコーディネートできる、新機能が利用できます。

カメラ性能がとにかくスゴイ!

背面のカメラは『Pixel 6』が超高精細な広角レンズと、ワイドに撮れる超広角レンズの2つ、『Pixel 6 Pro』はさらに超高精細かつ光学4倍、デジタル20倍まで寄れる望遠レンズを加えた3つのレンズを搭載しています。このカメラが、かなりスゴイんです。

『Pixel』シリーズにはこれまでにも、GoogleのAIを使った画像処理技術を用いた、なかなかスゴイカメラが搭載されていました。たとえば夜景モードでは昼間みたいに明るく写せたり、星空が写せたり。ズームもかなり拡大しているのに荒くならず、くっきりきれいに写るなどです。今回の『Pixel 6』と『Pixel 6 Pro』ではさらに、Googleが独自に開発した新しいチップが採用されて、このAI画像処理が驚くほど高速になりました。

実際に『Pixel 6 Pro』の夜景モードで撮った夜景です。窓の反射などがきれいに画像処理されてくっきりしています。
こちらも実際に撮影した花の作例。ビビッドすぎず自然な色合いです。

高精細なカメラと高速なAI画像処理が組み合わさることで、写真がものすごくきれいに撮れるだけでなく、さらにちょっとびっくりするような写真撮影や、写真加工も楽しめるようになりました。

たとえば「消しゴムマジック」。写真の背景に写り込んだ通行人などを、ワンタップで簡単に“最初からなかったもの”にできます。

また「モーション」というモードでは、実際に撮影しようとするとテクニックが必要な、動的な写真や長時間露光写真を簡単に撮影することができます。このほかにもブレてしまった顔をシャープにできる機能などが用意されています。

編集ツールの「消しゴムマジック」では、消すものの候補を自動で選択してくれます。
ワンタップで簡単に消すことができます。
「消しゴムマジック」を使えば背後の人物も…
この通り、簡単に消せます。 (Google提供) 。
モーションモードで動的な写真が撮れる「アクションパン」の例(Google提供)。
「アクションパン」は動いている被写体の背後にボケ効果を付与する撮影モード。
スピード感が伝わる写真になりました。

もちろん写真だけでなく動画もきれいに撮れます。アーティストの藤井風さんが全編『Google Pixel』で撮影したプロモーションビデオをYouTubeで公開されていますので、ぜひチェックしてみてください。

「レコーダー」アプリで文字起こしができる

カメラもスゴイのですが、『Pixel 6』と『Pixel 6 Pro』にはこのほかにも、高速なチップとGoogleならではのAIを使ったスゴイ機能が用意されています。

1 2