ライフスタイル 女性一人旅は旅先でどう過ごす?一人旅歴10年の女子カメラマンが教える「旅の楽しみ方」

こんにちは。カメラマンの南谷有美です。今まで一人旅をする上で必要ことをお話してきましたが、「一人で旅に来てみたものの、旅先では何をして過ごせばいいのだろう」と、現地での時間の使い方やスケジュールの組み方について、悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、現地での有意義な過ごし方についてお話したいと思います。スケジュールを組む上での参考の一つにしていただけると嬉しいです。

そもそもスケジュールって必要なの?

一人旅をする上で、そもそもスケジュールが必要なのかどうか…。先に私の考えをお伝えすると、有意義な時間を過ごすためには、ある程度のスケジュールは必要だと思います。

と言っても、修学旅行のしおりのように、分刻みでのスケジュールを立てる必要はなく、行きたい場所をいくつかピックアップしておいて、それをその日の気分や天候に合わせて当てはめていくという形がおすすめです。

当日までに、箇条書きで次のようなリストを作っておくと便利です。

・行きたい観光スポット(定休日も記載)
・行きたいお店(営業時間・定休日記載)
・体験したいアクティビティ(こちらは事前に予約しておくことがおすすめ)

優先順位の高い順など、自分の中でルールを決めて書き出しておくとわかりやすいと思います。

スケジュールをきっちり決めてしまうと、どうしても作業的になってしまいがちです。全部回ることができなくても、スケジュール通りに行かなくても気にしないということが大事。自分の心と会話しながら、心地よい旅を作り上げていくことが大切です。

一人旅ならではの現地での楽しみ方

それではここからが今回の本題。具体的にどう過ごしていけばいいのか…ということです。私の体験を踏まえて、ご紹介していきます。

・宿泊施設でゆったりと過ごす

当たり前だと思われがちですが、複数人での旅だと意外とできないのがこちらの項目。あえて予定は入れず、宿泊施設を満喫するという楽しみ方です。

ゆったりと温泉に入ったり、おいしい料理を食べたり、のんびりと景色を眺めたり…と、宿泊施設という枠組みの中にも様々な過ごし方があります。

過ごしたいイメージから、宿泊施設を選択するのもいいかもしれませんね。人目を気にせず、自分だけの時間を過ごすことができます。

・カメラを片手に散策

新しい土地に行くと、全てが新鮮に見えます。何気ない路地や、街並みでも、「写真を撮りたくなってしまう」という方も多いのではないでしょうか。複数人での旅だと単独行動は難しく、写真を撮っている間に置いてかれてしまった経験が、私自身も何度かあります笑。

一人旅だと行動や時間を気にすることなく、自分の好きなように写真を撮ることができます。食べ物や観光スポットなどの定番の写真だけではなく、街並みの写真や風景など、その土地の空気感が感じられるような写真を撮ることがおすすめです。

携帯でも十分綺麗に撮れますが、お気に入りのカメラであれば、楽しさが倍増します。おすすめのカメラは、また後日の記事でご紹介したいと思います。楽しみにお待ちください。

・〇〇巡りをする

テーマを決めて散策するのも、おすすめの過ごし方です。

例えば、「温泉巡り」や「パンケーキ巡り」など、自分の好きなものにフォーカスして、それをスケジュールに組み入れます。

ちなみに、私は「ラーメン巡り」をよくしています。ラーメン巡りの楽しいところは、その土地ならではの個性を発見できる点です。最近知って驚いたのは、青森市には「朝ラー」という文化があるということ。私の地元である名古屋では、そもそも朝からラーメン屋さんは営業していません(笑)。

そして、味噌カレー牛乳ラーメンという何とも個性的なラーメンがあり、市民の方々は好んで食べられていました。(私もいただきましたが、おいしかったです!)

このように、ご当地ラーメンを食べるということが旅の楽しみの一つになっています。

是非、自分の好きな〇〇巡りを取り入れてみてください。

旅に出掛けよう

今回は、一人旅の楽しみ方についてご紹介しました。これはあくまで一例で、人それぞれの楽しみ方があると思います。

是非、自分に合った過ごし方を見つけてみてくださいね。

写真・文/南谷有美
フリーランス カメラマン。名古屋を拠点に仕事をしていたが、2018年から各地を巡る旅人に。訪れた地域やワーケーションに関する情報などを、発信している。