ライフスタイル 非正規の客室乗務員、解雇のどん底からマンション清掃で生きがいを見つけるまで【前編】

コロナ禍で、女性の自殺率が上がっていることがニュースになっている。2020年の女性の自殺者数が前年より15%も増え、非正規雇用の拡大が一因とも言われている。今回お話を伺う美優さん(仮名・38歳)は、非正規の客室乗務員で、コロナ禍で自殺寸前まで追い込まれた。しかし、現在は清掃員として働いている。その経験を語っていただいた。

客室業務員はツブシが効かない職業だと思った

「独身でアラフォー、非正規の客室乗務員という、全くツブシの効かない職業スキル。飛行機に乗ることありきのスキルなので、陸上では役に立たないと思いました。それに、私にはプライドがあったし、親に迷惑をかけたくないという気持ちも強かった。そこで孤独に追い込まれ、貯金が底をついた2020年年末に、気づけばカーテンレールにひもをかけていました」と当時を振り返る。

そこまで追い詰められたのは、孤独と経済困窮。

「幼い頃から客室乗務員になりたくて、両親が小柄なので頑張って牛乳を飲み続たからか、160cmになりました(笑)。経済的にも無理して短大に進学。1年生の時から、就職雑誌を読んで研究して、マナー教室に通ったけれど、国内エアラインの就活は至難の業。全滅しました。

外資系の航空会社ならいけるかもと思って受けましたがまたも不合格。その後、語学系の専門学校に入りなおし、英語をがんばって、25歳のときにやっとある外資系航空会社に合格。それ以来、その会社で12年間、客室乗務員として仕事をしていました。制服もかわいいし、誇りを持って仕事もできたし、毎日が夢のように楽しかったです」

しかし、給料は低かった。それは、現地の給料基準で支払われるからだという。

「どれだけ働いても、非正規雇用ですからね。もちろん、日本の航空会社に入りたい気持ちはありましたが、“それでもいい”と割り切っていました」

ステイホームで追い詰められていった

1 2