ライフスタイル 朝から疲労感がある「朝バテ」それって睡眠の質の影響かも…毎日の睡眠を見直そう

みなさんの朝のお目覚めはいかがですか?起きたばかりなのに、なんだか疲れていると感じることもあります。そんな「朝バテ」の人が多いよう。

睡眠と疲労感をケアする機能性表示食品を展開している「ファンケル ヘルスサイエンス」が、朝バテの実態調査とケアについてのセミナーを開催しました。東京疲労睡眠クリニック院長の梶本修身先生から、気をつけたいポイントも教えていただきました。

疲労感を感じる時間帯は仕事終わりと朝

朝の疲労感と睡眠の質に関する調査 /ファンケル アンケート実施期間:2021年9月17日~9月21日

コロナ禍で生活様式が変わり、以前より疲れを感じている人はどの世代も増えているようです。ファンケルが行った「朝の疲労感と睡眠の質に関する調査」(アンケート実施期間:2021年9月17日~9月21日。全国の有職者20代~50代男女1000名。@インターネット)によると、朝起きたときから疲労感があると答えた人が57.6%もいることがわかりました。仕事終わりの疲労感は納得ですが、ほとんど変わらないくらい朝起きた瞬間から疲労感があるとは驚きますね。

ほぼ毎日朝の疲労感がある人が半数以上。

ただ、自分に照らし合わせてみると、毎日ではないにしても、かなりの確率で朝が辛いので、筆者も朝バテしていることになります。この朝バテを感じるようになったのは、1年以上前からという人が64.4%。やはり、生活様式の変化が影響しているようです。

朝の疲労感は睡眠の質に大きく影響を受ける。

この朝バテには、睡眠の質が大きく関わっているようで、起きた瞬間から疲労感があると答えた人の81.7%が、「満足していない」「あまり満足していない」という結果に。朝バテ対策には、疲労感のケアと共に、良質な睡眠対策も必要なことがわかりました。

1 2