ライフスタイル 文具メーカー「ミドリ」が70周年!定番商品から文具好きライターが10アイテムを厳選

文具メーカーの「ミドリ」が創設70周年を記念して、11月12日~14日に東京・青山のスパイラルホールで「ミドリ70周年スペシャルイベント」を開催しました。

70周年記念にちなみ、「ミドリ70の魅力」として、定番製品70アイテムがずらり並びました。今回はその中から、文具大好きで文具や手帳などの記事を数多く担当してきた筆者が特に魅力を感じた10アイテムを紹介します!

「ミドリ」というブランド名にピンとこない人も、商品はきっと知っているハズですよ。

「ミドリ」の激推し10アイテムはコレ!

①この書き味をぜひ体感して!『MD便箋』

「ミドリ」は創設当時、便せんやノート、スケッチブックなどの紙製品を展開していました。今も紙製品は「ミドリ」の主力商品となっています。

中でもオリジナルのMD用紙を使った『MD便箋』は、書き味が良く、余白の多いデザインが洗練されていてステキです。このMD用紙は『MDノート』や『MD手帳』という商品にも使われています。

『MD便箋』と『MD封筒』。

②日の出と日の入りの時間がわかる 『日の長さを感じる手帳』

「ミドリ」は実に多くの手帳を販売しています。その中でも筆者のお気に入りは『日の長さを感じる手帳』。24時間の週間バーチカルの1日の表示が、日の出と日の入り時間に合わせてグラデーションになっています。日の出と日の入り時間は季節によって変わるので、手帳をぱっと見ただけで、日中の日の長さや短さを感じることができるんですね。かなり手の込んだ手帳です。

③楽しみながら達成感を味わおう♪『ハビットトラッカー』

手帳と合わせて使いたいのが、『ハビットトラッカー』です。ストレッチや読書など、習慣にしたいコトを書いて、できた日を色付けするというもの。とてもシンプルなコトなのですが、視覚化されると俄然、頑張れてしまうから不思議です。

④ひと味違うご祝儀袋『ペーパークラフト祝儀袋』

「ミドリ」の商品は細部までこだわりが感じられます。中でも感動したのが『ペーパークラフト祝儀袋』です。手作業で作られたペーパークラフトが実にリアルで、ただただうっとりです。

⑤書類をまとめる作業が楽しくなる『ディークリップス』

動物や果物をかたどった『ディークリップス』は、実は筆者の愛用アイテム。この商品の発売当時はこれほど精巧な形のゼムクリップはあまりなく、一目惚れして片っ端から購入していました。クリップではステンレスにエッチング加工をした『エッチングクリップス』や、紙で作った動物型の『ピークリップス』もステキで、紙を束ねるという作業をとても楽しくしてくれています。

⑥手帳をかわいく彩る『手帳シール』

文具店でシールを見ていて、「コレ、欲しい」と思ったアイテムはほぼ「ミドリ」の商品だったりします。デザインがステキだということもありますが、シールの種類が実に豊富。筆者の手帳は「ミドリ」の『手帳シール』のおかげでかわいく彩られています。

⑦名刺や封筒にアクセントを♪『エンボッサー』

そして筆者の名刺をステキに演出してくれているのが、簡単にエンボス加工が施せる『エンボッサー』。名刺の片隅に太陽マークのエンボス加工をプラスしています。 触ると凹凸があるので、名刺のステキなアクセントになってくれています。 アルファベットや花束、ハートなどのアイテムもあります。

⑧メッセージの内容をおしゃれに隠す『ひみつ付せん』

発売された当初、よく考えられているなーと感心したのがこの『ひみつ付せん』。付せんとしての存在はしっかり自己主張しつつも、メッセージの内容は隠せるという細やかな配慮にグッときます。

⑨上からペンで塗れる『スタンプ浸透印』『スタンプ回転印』

箇条書きスタイルの手帳術「バレットジャーナル」が注目される中、最近、人気となっているのがスタンプです。「ミドリ」ではスタンプを押して、その上から水性マーカーで色を塗れる『スタンプ浸透印』と『スタンプ回転印』を発売していて人気となっています。

『スタンプ浸透印』(右)、『スタンプ回転印』(左)。

⑩ 超コンパクトな文具『XSシリーズ』

最後はミニ文具です。「ミドリ」の手の平サイズの文具『XSシリーズ』は、サイズは小さくても機能性は抜群。メジャー、修正テープ、テープのり、ホッチキス、カッター、ハサミがセットになった『XSステーショナリーキット』は、手軽に持ち歩ける便利アイテムです。

『XSシリーズ』。

このほかにも、スペシャルイベントの展示からは、「ミドリ」の文具作りのこだわりを感じることができました。

たとえばお年玉袋に付いているペーパークラフトを紹介する展示では、これらがいかに精巧に作られているのかがわかり、手作業で作られる祝儀袋の水引飾りの美しさはため息ものでした。

お年玉袋のペーパークラフト。精巧に作られた各パーツを組み合わせています。
祝儀袋の水引のバリエーションの展示。タブレットで水引を手作りする動画を配信していました。
1 2