ライフスタイル コメリのヒーター付きベストは市販バッテリーでOK!ウエストウォーマーも女性におすすめ

本格的な寒さを感じる日も多くなってきた今日このごろ。今年はラニーニャ現象が発生したことで、例年より寒くなる可能性があると報じられています。

それを見越したのかのように、電熱ヒーターが仕込まれたあったかウェアやグッズも各社から多く発売されています。

なかでもホームセンターを運営するコメリは、昨年発売したヒーター付きウェアが大ヒット。今年の冬も、新作が登場しています。

実際の着用感はどんな感じなのか、気になるヒーター付きアイテムを3点、チェックしてみました!

ウィメンズ向けサイズも登場♪ヒーター付きベスト

ヒーター付インナーベストボアフリース 3,980円(税込)

ヒーター付きインナーベストは、こちらのボアフリースのものと、キルティングのものと2タイプあり、今回はボアフリースのものをお借りしました。

なかなか写真だと質感がわかりにくいですが、実物を手にすると、このボアフリースの質感がとてもいいことに驚きます。

短めの柔らかな毛並みで、ボア(毛並みがカールしている毛)という名前がついていますが、ファー寄りのみっちりきめ細かい表面感です。

袖ぐりや裾は、ほんのり光沢感のあるパイピング仕様になっており、ストレッチが効いているので、動きやすさを損ないません。

裏側を見ると、電熱シートが仕込まれている部分がわかります。お腹の両側と背中、つまり腰回りをぐるっと温められる仕様です。

個人的には、PSE適合の10000mAhのバッテリーが千円以下ということにも驚き…。HIDISC 高耐圧IC搭載 モバイルバッテリー ホワイト 10000mAh 980円(税込)

電源はフロントの内側のポケットにつなぐことができます。コメリのヒーター付きウェアのいいところは、お手持ちのモバイルバッテリーがが使用できること。

5V/2.0Ahもしくは5V/2.1Ahの出力ができ、USB type-aの端子でつなげることが条件なので、最近のスマホの急速充電に対応しているようなタイプであれば、おおむね大丈夫かなと思います。

胸の目立つ位置にスイッチがあり、電源が入っているときは点灯。高温・中温・低温の3段階で調節ができ、高温は赤、中温は白、低温は青と、点灯する色が変わるので一目瞭然です。

最初みたときは、こんな目立つ位置にスイッチをつけなくても…と思ったのですが、消し忘れていて、いざ使おうとしたら電池残量が少なくなっていたら悲しいので、はっきり見えたほうがいいんだなと思い直しました。

また、うれしいポイントとしては、低温やけど防止の二重安全機能が付いています。連続2時間使用で自動的に電源が切れるので、安心ですね。

Sサイズ、Mサイズ、どっち買う問題

このインナーベストは、ブラック、ベージュ、チャコールの3色展開ですが、ベージュのみSサイズが用意されています。

重ねてみました。見た感じは身幅と肩幅が違いそうです。

筆者のように比較的ガタイがいい(166cm、がっちり体型)場合は、Sサイズ、Mサイズ、どっちなんだろう?と思い、両方着てみることにしました。

着用した結果、丈の違いはそれほど感じなかったのですが、身幅にけっこう差があるのを感じました、筆者はゆったりめの服が好きなのでSサイズのベストを上から着ると、まったくきつくはないのですが、服がきゅっと絞られて少し窮屈な感触。見た目の自然さから選ぶならMサイズでしょうか。

とはいえ、これは「インナーベスト」。上からさらに上着を重ねたり、ヒーターの暖かさをきちんと感じるなら、ボディラインにフィットしているほうが温かいはず。お好みの着用感によりますが、多くの女性はSサイズで良いのではないかなと思いました。

家でも外でも腰周りを温める!ウエストウォーマー

ヒーター付きウエストウォーマー 1,980円(税込)

こちらは、同じくモバイルバッテリーにつなぎ、腰部分を広く温めることができるウエストウォーマーです。

HIDISC 高耐圧IC搭載 モバイルバッテリー ホワイト 10000mAh 980円(税込)

コルセットのようにぐるりと巻くのですが、これが、思ったよりなかなかイイんです。

冷えるときや、生理痛がひどいときなどに、腰の部分に使い捨てカイロを貼ったりすることもあると思いますが、こちらはその代わりにお役立ち!

もう少し下げて腰骨あたりに巻いても◎

広い面積で温めてくれるので心地よく、こちらも温度を3段階で切り替え可能。

寒い外での作業やアウトドアイベントなどのみならず、家の中でも使いたくなっちゃいました。使い捨てカイロのようにゴミが出ないのもいいですよね。

内側にこっそり仕込めるヒーター付きマフラー

ヒーター付きマフラー 1,980円(税込) ※バッテリーを入れるほうを表に見せていますが、まるっと裏側に隠すことも可能

首の後ろ部分を中心に温めてくれるマフラーです。

HIDISC 高耐圧IC搭載 モバイルバッテリー ホワイト 10000mAh 980円(税込)

裾のポケットの内側に端子コードがあるので、つないでバッテリーをポケットに入れておけばOK。マフラーとしては細めの幅で、首をぐるぐる覆うようなものではありません。

最初見たとき、ちょっとボリュームが足りないのではと思ったのですが、あくまでもこのアイテムはヒーター付きであることが重要。

首元がもこもこしたコートや、パーカ、あるいは作業服なんかの内側でもスッと仕込めるようじゃないと、意味がない。となると、やっぱりスッキリした細さで正解なんですね。

何かに並んだり、キャンプだったり、観戦だったり、お仕事だったり…。外に長時間いるときに首の後ろを温めることで、寒さできゅっと緊張しがちな、首や肩の筋肉をリラックスさせるのにお役立ちです。

☆☆☆

プロ向けの作業用品だけでなく、一般向けのキャンプ用品や衣類などもどんどん充実させてきているコメリ。

働く人をサポートするよう考え抜かれているせいか、機能に無駄がなく、お値段もお手頃ないい商品がたくさん揃っています。

お近くのコメリを通りがかった際には、ぜひあったかグッズもチェックしてみてくださいね。オンラインでも購入できます!

オンラインショッピングサイト コメリドットコム
https://www.komeri.com/top/CSfTop.jsp
コメリ公式ホームページ
https://www.komeri.bit.or.jp/

取材・文/nenko