ライフスタイル カニの季節が到来!「蟹取県」の豪華キャンペーンに乗っかろう…どの県のことかわかる?

冬の入口は、カニの季節の到来。なかでも「カニの水揚げ日本一」の鳥取県では、2014年度から毎年カニの漁期に県名を鳥取県から「蟹取県」と改名。その名も「蟹取県ウェルカニキャンペーン」(https://kanitoriken.jp)を実施しています。ご存じでしたか?

鳥取県、いや、蟹取県のカニに賭けるパワーは半端ないです。その熱にカニ好きの人ならば乗っかってみるのはいかがでしょうか。

まずは、鳥取県内のキャンペーン対象の157の宿泊施設に宿泊し、WEBまたは専用はがきで応募すると、「松葉がに」が毎月抽選で100名様、総計400名様に当たる「宿泊チャレンジ」は2022年2月28日まで実施中。

蟹取県の公式サイトでは、いくつかの質問に答えるだけで、おすすめの鳥取旅を教えてくれる「とり旅診断」がオープン。診断内容をTwitterでシェアすると、抽選で22名様に「松葉がに」が当たるチャンスも!

#とり旅診断

蟹取県ウェルカニキャンペーンのキャンペーンキャラクターとなっているのはお笑いコンビ ガンバレルーヤのお二人。その名も「カニバレルーヤ」としてPR大使を務めているそうです。

ガンバレルーヤのまひるさんは、鳥取県の大山町の出身。

「私にとっては地元が一番のパワースポットと言いますか、鳥取は、本当にいいパワーをくれる大事なところです。なんと言っても鳥取の良さは、私たちを見ていただいたらわかるように「人柄」ですよね(笑)。

鳥取には蟹をはじめとして、他にも美味しいものがたくさんあります。ぜひ足を運んでいただいて、鳥取の魅力をたくさん味わって、明日からまた蟹ばっていただけたらなと思うので、ぜひ皆さん鳥取にお越しください!」(まひるさん)

松葉がに釣り体験にチャレンジするガンバレルーヤのお二人。

松葉がにや鳥取和牛を使った期間限定メニューを六本木ヒルズで堪能!

美味しい旬の味を食べに行きたいけれど、鳥取まで行く時間が取れないという人は、急いで六本木に駆けつけて!

水揚げだけでなく、実は消費量も日本一の鳥取県、いや、蟹取県。その美味しい蟹を東京の中心地、六本木で食べられるレストランフェア「Roppongi Hills × 鳥取県 冬の味覚」を11月19日から12月2日まで開催中です。

六本木ヒルズの館内レストラン13店舗で提供されるメニューは、松葉がにや鳥取和牛、 鳥取県が開発したお米「星空舞(ほしぞらまい)」、大山牛乳など鳥取県の食材を使用。フレンチのコースからピッツアにパエリア、天ぷらなど、今旬な食材をスペシャルメニューに仕上げています。さらに、今回のスペシャルメニューを注文した人のなかから抽選で松葉がになど特産品が当たるプレゼントキャンペーンも実施しています。

ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション 「鳥取和牛オレイン55フィレのポワレ ポテトピュレを添えて」¥10,000(税込/コース料金・サービス料10%別)
ぴんとこな 「贅沢松葉がにどんぶり」¥4,980(税込)1日3食限定
毛利 サルヴァトーレ クオモ  「鳥取県産紅ズワイガニとルーコラセルバチカのピッツア~イタリア産カラスミをかけて~」 ¥1,880(税込)ランチ1日5食限定 ディナー1日10食限定
六本木ヒルズで行われた発表会には鳥取県の平井知事、 『蟹バレルーヤ』ことガンバレルーヤのお二人、今夏の東京オリンピックでボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈選手が登壇しました。

これ以外にも、11月~12月にかけて、 首都・中京・関西圏の百貨店などで「鳥取かに食べようキャンペーン」を開催中。こちらでもカニが当たるプレゼントあるので、カニ好きの方はせっかくのチャンスなのでチェックしてみては?

蟹取県
https://kanitoriken.jp/

取材・文/きたもとゆうこ