ライフスタイル 成城石井の「燻製ピスタチオ」がおいしすぎて止まらない!その理由を聞いてみた

温かい部屋で毛布にくるまり、お酒を片手にひとりドラマ祭りをする幸せ。そんな至福の時間に、さらに天国へと誘ってくれるようなおつまみを発見しました……!

それが成城石井の「燻製ピスタチオ」。なんでこんなにもおいしいのか、その秘密を成城石井に聞いてみました。燻製ピスタチオと相性抜群の、バイヤーおすすめワインも必見です。

おいしさの秘密は「冷燻法」

成城石井 「燻製ピスタチオ 」200g  1,070円(税込)

成城石井の「燻製ピスタチオ」は2021年8月に発売した、スモーキーな風味が特徴の殻付きピスタチオ。原材料はピスタチオと食塩のみで、燻製のチップは岩手県産桜チップを使用。200gも入っているので、数日に分けて食べられます。

袋に顔を突っ込みたい……!

もともとピスタチオ好きだった筆者ですが“燻製”ピスタチオは未経験でした。袋を開けた瞬間にスモーキーで香ばしい香りがぶわっと鼻を突き抜け、この瞬間に燻製ピスタチオの虜に……。もはやこの香りだけでお酒が飲めそうなほど、良い香り。燻製というと洋風なイメージですが、岩手県産桜チップを使っているからか、どこか和を感じるような香りです。

燻製をまとったピスタチオは最高のおつまみ。

殻をパキっと割って食べると、柔らかく甘みのある桜チップのスモーク感とピスタチオのコクのある味わいが広がり、1粒でおいしい……!塩もいいかんじにピスタチオの旨味を引き出し、最高のバランスです。カリっと食感もおいしく、1粒剥いては食べ、1粒剥いては食べ……と手が止まりませんでした。

なぜこんなにもおいしいのかと成城石井に聞いてみると、秘密は「冷燻法」とのこと。殻付きナッツはむき身のナッツと比べて燻製の風味がつきづらいため、30度以下の低温で燻製する「冷燻法」を採用しているんだとか!低温でゆっくりと時間をかけることで、ムラなくスモークをまとわせることができるそうです。だからこそ表面だけではなく、ピスタチオの実そのものにもしっかり燻製の香りがついていて、おいしいのですね。

赤ワインと合わせて!燻製ピスタチオに合うバイヤーおすすめワイン

成城石井 商品部 次長 バイヤー 星野 鉄兵さん。

燻製ピスタチオにはさまざまなお酒が合いますが、最もマリアージュを堪能できるのが「赤ワイン」。成城石井 商品部 次長 バイヤー 星野 鉄兵さんに、おすすめワインを3つ教えてもらいました!

「CH ラ ヴェリエール プレミアム」 2,189円(税込)

星野さんが「ぜひみなさんに試してほしい」と自信を持っておすすめする赤ワインが「CH ラ ヴェリエール プレミアム」。フランス・ボルドー産で、成城石井の看板ワイン「CH ラ ヴェリエール」の作り手、アラン・ベセットさんに特別な依頼をして日本人向けに作ってもらったプレミアムな赤ワインです。樹齢50年の古樹から収穫したぶどうを一部使い、旨味あふれる味わいに仕上げているのが特徴。ぶどう品種はメルロー85%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%、カベルネ・フラン5%。

星野さん「凝縮感があり、長い余韻を持つ味わいが、ピスタチオの長い余韻のある旨味とマッチ!」

これぞ、マリアージュ!

燻製ピスタチオを堪能したあとに、ぶどうの果実感あふれる「CH ラ ヴェリエール プレミアム」を口に含ませると、両者の香りや味が混ざり合い奥深さがUP。星野さんの言うとおり余韻が残るもの同士なので、ずーっと贅沢感のある大人な味が口の中で続きます。よく「マリアージュ」と言われてもよくわからないことって多いのですが、この組み合わせは本当に相性が良く「マリアージュってこういうことか……!」と実感。おうち飲みのレベルを超えたおいしさでした。

「CH ギショ リミテッド」 750ml 1,749円(税込)

続いておすすめしてもらったワインは「CH ギショ リミテッド」。こちらもフランス・ボルド―産で、成城石井が2017年から販売しているロングセラーの赤ワインです。12ヶ月間樽熟成をしており、1,000円台とは思えないコストパフォーマンスの高さが好評。

星野さん「豊かな果実感とバニラのようなリッチな樽の香りが、食欲を誘う燻製ピスタチオの風味とよく合いますよ」

[
「ロヴェルシ バローロ」 750ml 3,729円(税込)

イタリア・ピエモンテ産「ロヴェルシ バローロ」はワンランク上のワインとして一押し。38ヶ月以上の熟成期間が義務付けられているバローロは、「イタリアワインの王」と称される逸品。豊かで複雑な味わいが長く続きます。

星野さん「果実感があり、骨格のしっかりとしたエレガントな味わいのため、旨味と豊かな香りのあるおつまみと好相性」

ちなみに「フルボトルを一人で飲むのは難しいかも……」という人も多いはず。そのような場合、星野さんのおすすめはさまざまなアレンジに活用すること!

星野さん「もしワインがあまったらサングリアやホットワイン風にアレンジをして楽しむこともできますし、お料理に使っていただいても良いですね」

☆☆☆

おうち飲みを極上の時間に誘ってくれる、成城石井の「燻製ピスタチオ」。おすすめ赤ワインと一緒に味わえば、贅沢な冬の夜を過ごせますよ。

成城石井

取材・文/小浜みゆ